いらっしゃいませ

いつもありがとうございます。

プロフィール

ゆずっち

Author:ゆずっち
【ゆずっちと家族】
 ゆずっち (31歳)
 夫 (30歳)
 イチコ (4歳)
 ニコ (0歳)

【すき】
 映画 本 パン 森川次朗さん

【にがて】
 コーヒー セロリ 急ぐこと 

カテゴリー

最近の記事

最近の記事+コメント

リンク

トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ベビベビメッセンジャー

ベビベビ点取り占い

ブログ☆ランキング

ランキングに参加してみました

気が向いたらクリック☆クリック

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名もなき毒

『模倣犯』を読んではまった宮部みゆきさんの新作(だよね!?)。

『名もなき毒』(幻冬舎)

読書初めに・・・と3冊買ったうちの1冊。(前記事参照)
読み終わりまして。

宮部みゆきさんの小説(推理系しか読まないけど)って、
登場人物や風景の描写がすごく詳しい感じがして。
読み進めていく時に、頭の中にぶわ~っと映像が浮かぶから。
好き。
映画観てる気分になる。

この小説ね。
先日病院での待ち時間に後半をぐぉ~っと一気に読んだんだけど。
待合室なのに、泣きそうになって。焦った。

途中まで、それほど引き込まれる感覚はなかったのね。
『あれ?ハズした?』とか(笑)、失礼にも思ったんだけど。
いやいやそんなことないでした。

それほど衝撃的な展開でもなく、
『なぁ~んだ』って思う人もいるかもしれないけど、
後半のその息苦しいほどの切なさといったら。ないよ。

幸せに生きていけるって素晴らしい。
人生において、自分で選択して決断することって大切だけど、
敷かれているレールってものが少なからずあるのよねって。
思って。切なくなった。

あら?ネタバレしちゃったかしら?(笑)
敏感なあなたにはネタバレかも。ごめんなちゃい。


スポンサーサイト

テーマ : 読書 - ジャンル : 小説・文学

<< かわいそうな ぞう | ホーム | ☆映画バトン☆ >>


コメント

そうなの、新聞で読んでてもはじめは「あれ~?たいしたこと無いかな・・・」というのがはじめの印象。でも、そのうち毎朝新聞を開くのが待ち遠しくて!後半はもう明日の新聞早く来い!って感じでした・笑。

私ももう一度読みたくなっちゃった、買ってこよう!

アタシも新聞で読んでました~~。
そうそう。 るんたさんの気持ちとおんなじ!
早く次~~~!!ってね。

これも映画化されそうじゃない??

宮部みゆきさん、1冊だけ読んだことがあります。「蒲生邸」なんとかっていう・・・。(「なんとか」って何だ、「なんとか」って・・・恥)
最初の出産入院中、病院の本棚にあったのを読んだんですよ。
面白かったのでほかの作品も読んでみたいと思っていたのですが、その前に立ちふさがる未読の蔵書の壁・・・。「読みたい」リストは増えるばかりです。

> るんたさん
引き続き、コメレス遅くなりまして。(笑)
ホントごめんなさいね。

小説の巻末に、どの新聞で連載されてたか載ってました。
なるほど。まさに地元紙ですね。

淡々としているのに、最後にすごく心に残る。
やっぱり宮部みゆきさん、好きだわ。

> あきごんさん
引き続き、コメレス遅くなりました。
ごめんなさい。

やっぱり地元紙で読まれてたんですか?

映画化。たしかに、しやすそうな感じ。
でも、『模倣犯』の衝撃があるからなぁ・・・・。
おもしろい映像になればいいけど・・・。
難しいトコですよねぇ。(笑)

> みみさん
コメレス非常に遅くなりました。
ごめんなさい。

『蒲生邸事件』ですね!!
読みましたとも。本棚にありますとも。
文庫が。

・・・読んだのがだいぶ前なので。
どんな話だっけ?みたいな・・・。(笑)
でも面白かったっていうのだけは覚えてる。(意味ない)

読みたいリストは増えますよね。
わかります。
消化できないですよねぇ・・・・・。




コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。