いらっしゃいませ

いつもありがとうございます。

プロフィール

ゆずっち

Author:ゆずっち
【ゆずっちと家族】
 ゆずっち (31歳)
 夫 (30歳)
 イチコ (4歳)
 ニコ (0歳)

【すき】
 映画 本 パン 森川次朗さん

【にがて】
 コーヒー セロリ 急ぐこと 

カテゴリー

最近の記事

最近の記事+コメント

リンク

トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ベビベビメッセンジャー

ベビベビ点取り占い

ブログ☆ランキング

ランキングに参加してみました

気が向いたらクリック☆クリック

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業・・・か!?

*長文でーす。

今のところ。
その発達になんら心配なところがない我が娘。
ありがたいことです。

でもね。
気になっていたことが1つだけ。

1歳半から続いていた指しゃぶり。
というか、最近では指吸いの域に達していました。

左手の人差し指と中指、2本吸い。
そりゃ~もう素晴らしい音をたてて。
ジュジュジュジュジュジュジュ~ッと。

たいてい吸っているのは1人でいる時。
TVを見ていたり。車のチャイルドシートに乗っていたり。
あとは、眠い時、寝てる時。

要するに、暇な時と寝る時ね。

始まって1年ほどはかなり悩みました。
「断乳(うちは1歳ちょうど)早まりすぎたか?」
「私との関わりに問題があるのか?」
「寂しいのか?」
「ほったらかしすぎ?」
その他モロモロ・・・・。

でも、指摘することによって、別の癖に移行したり、
情緒が不安定になったり、単純に娘がショックを受けたり・・・。
そういう微妙な知識が邪魔をして。
なんとなく面と向かって指摘できずにいました。

そのうちやめるだろう。
でも、やめなかったらどうする!?
っていうモヤモヤがず~っと心の奥底にありました。



今年の夏。
保育園に行くようになって、先生に指摘されたようで。
『お昼寝の時、チュッチュ(指吸いの事)やめようねって言われた』
娘が私に自己申告。
『チュッチュしたくなるのに。なんでやめるの?』
娘なりに疑問を感じたようで。

なんとなくいい機会かもと思った私は。
『チュッチュしてると、だんだん歯が前に出てくるんだよ』
・・・・ハイ。思いつきで。(笑)
娘は口の中から歯が飛び出すことを想像したらしく。(こわっ)
しばらくは指を吸いながらも、『歯出てる?』と不安げでした。

でもやめなかった。

歯が出るって、娘にとっては現実感がないし。
歯並びのことなんてわかりっこないし。
やっぱり恐怖を利用しても効果ないなと。実感。

で。最近。
3歳児検診が近くなってきたのですよ。
ぜ~ったい指摘される!間違いなく。

1歳児検診の時に見た光景が忘れられないんです。
付き添いで来ていた3歳くらいの男の子が指しゃぶりしてて。
それを見た保健師が、
『指おいしいの!?お兄ちゃんなのに、おかしいね~!』って。

男の子はすご~くバツの悪そうな顔をしてました。
かわいそうになるくらい。

その時の保健師の言い方は適切じゃないけれど。
娘の3歳児検診で同じ保健師がいる可能性は大きい。
で、同じように言われる可能性も大きい。

声はデカイが、かなりナイーブなうちの娘が、
同じようなことを言われた時にどんだけショックか。
どんだけ自尊心に傷がつくか。
想像に難くないわけで。

ど~してもそれだけは避けたい親心。

2~3日前、娘の左手の中指の吸いダコが赤くなっているのを発見。
3歳児検診も近いし。
本腰入れてやめさせようと。

で。
寝る前に布団の中でお話しました。
『指の赤くなっている所からばい菌が入っちゃうし。
チュッチュしてるともっとひどくなって痛くなるかも。
指がもげちゃうかも(結局恐怖・笑)。
そうなったらママは悲しいから、チュッチュやめようか』

反論する娘。
自分がど~してもチュッチュしたくなる理由を列挙して。

『じゃあ。チュッチュしたくなったらママと手をつなごう。
ど~してもチュッチュしたくなったら、
ママに手つなごって言って。ママは絶対手をつなぐ。
お料理してても、トイレに入ってても、手つなぐから』

なんとなく思いつきで提案したんだけど。
これが娘の甘えたい心にガッチリはまったらしい。

すっごい嬉しそうに、『そうだね!!そうしよう!!うふふふふ』。
気味が悪いほど笑いながら、早速手をつないで寝ました。

次の日から、『チュッチュしたくなったから、手つなご』と。
約束どおり娘は言うようになって。
どうしても私の両手がふさがってる時は、
『お尻につかまっちゃえ!』と言ったら、盛り上がって大喜び。

なんと。
約束した次の日から今日まで。
全く指しゃぶりをしなくなったのでございます。

びっくり。

手をつなぐ回数も減ってるし。

びっくり。

『すごいね。チュッチュ全然してないね』っていう私の言葉も、
約束を守っているという自信につながっているようで。
情緒不安定になることもなく。
別のやっかいな癖が表れることもなく。

すげー。
子どもって。

意味はちょっと違うけど。
『褒めて育てる』ってのにつながるなと思った。
う~ん・・・子どものありのままを受け入れて。
否定せずに共感しながら、親の正直な気持ちを伝えて。
無理をしない。

すごい大切なことなんだと。心から。実感してます。

怒ることは簡単だけど。
そればっかりじゃ、お互い気持ちがふさいじゃうし。

大人と同じ。
受け入れなきゃいけないね。

勉強しました。

これで、保育園でも指しゃぶりしないといいんだけど。
うまく先生と連携をとらないと、大失敗になる可能性もあり。
しばらく慎重に事を運びたいなぁ・・・。

スポンサーサイト

テーマ : 成長の記録 - ジャンル : 育児

<< メガーネ | ホーム | 三十路の船出 >>


コメント

素敵!!!ゆずっちさんヾ(。・ω・。)ノ゙

実はうちの息子はタオルをしゃぶっていました
そして娘はダウンの肌がけ布団(笑)

ちゃんと話しあって成長を促していくって大事ですよね

子供も色々考えて感じてるから
きちんとした説明って大事なのかもですね~


えらい!
むすめちゃんもだけど、ゆずっちちゃん、えらい!!!

代替案、大成功だね。

うちも甘えん坊大王。
指しゃぶりはなかったんだけど、手をつなぐってのは
やっぱり嬉しいのよね、きっと。
でも、両手ふさがってる時は『よし、じゃあ連結だ!』とか言って
腰に手を回してもらって、電車ごっこ。

子どもの喜ぶツボを抑えてると、いいよね~!

>すっごい嬉しそうに、『そうだね!!そうしよう!!うふふふふ』。
>気味が悪いほど笑いながら、早速手をつないで寝ました。

よっぽど嬉しかったんだろうね。かわいいわあ。

あ、うちはまだ、おっぱい星人だ。。
隙あらば触りに来る。
寝てるとき、寄り添ってきて、さわさわ~ってして、
私が横にいるか確認してる(爆)

これは、そのままにしておけないんだけどなあ、私(爆)

「子供のありのままを受け入れて、否定せずに共感しながら、親の正直な気持ちを伝えて、無理をしない」

…。ホント大切なことだよね。
私もね、娘が産まれる前は、この子は褒めて育てるぞ!なんて思ってたのよ。

でも、現実は怒ってばっかりなんだよね…。
子供は伝えたいことがあっても、言葉で上手く伝えられなくてイライラして、それをわかっていながらも、こっちもイライラして怒っちゃったり…。
ちゃんと受け入れてあげなくちゃいけないんだよね。うん、反省しなきゃね…。

いや~勉強になったわ。ゆずっちちゃんありがとう!

すごい!!
そっか止められるものなんだね~~!?

うちは2人とも爪を噛むのよ~~。これでもかっ!てくらい。。
つい
『爪噛んでるとそこからバイキン入って指切らなくちゃならなくなっちゃうんだよ!!』
って、恐怖心だけあおってました。。反省。。
そして、その言葉にも、もう慣れっこになってるし。爆

よし!ゆずっちちゃんの
『手を繋ごう作戦!』
使わせていただくよ~♪♪

あ。。ちなみに私も
爪を噛んでました。。小学校。。イヤ、中学の途中まで。。ヾ(´▽`;)ゝ

うお!タイムリー

上の娘(3歳半)が、指吸い再燃してるんですよ。0歳代から吸い始め、3歳ごろには寝る前だけになっていたんですが、最近暇さえあればチュウチュウ・・・。指吸いだけでなく、甘えたがるのも極端(一日中だっこをせがむ、座っていればのしかかり、立っていればぶら下がり、ご飯は「アーンして」・・・)なので、なにかそういう時期なんだと思うようにしていますが。下の子(1歳半)がメキメキ成長する時期で、その関係で寂しいとか、疎外感とか感じる場面があるのかな、と思ってみたり。
そっかー。「やめさせる」でなく、まず「説明する」っていうの、大事ですね。言わなきゃ解らないんだから。
非常にタイムリーな話題でした。参考にさせて頂きます。

わ~!!!ゆずっちさんに感動です!
私がもし同じ立場だったら?と考えると、そうできる事ではありません。きっと無理やりやめさせたり、怒っていたかもしれません。
ゆずっちさんのような接し方なのでお子さんも素直なのですね☆
見習わなくては!!
ありがとうございます。

いい経験しましたねぇ。(←偉そう・笑)

乗り越えられたね。 エライ! さすが!!! 頑張った!!
頭で思いついても、実行するにはかなりのメンタル安定が必要になると思います。 親のね。
お尻につかまっちゃえ! はテンション上がるね。 子供は(笑)。
ナイスフォロー!!

アタシは、似たような場面だと最近は「ちょっと待ってね」を多用してることに気がつきました。
ありがとう。

しかし、その保健師・・・・。
プロ意識無さ過ぎません?<`~´> 
そんな言葉なら近所のオバチャンにも言えんだよ! って感じぃ。

> さぴさん
やっぱり子どもって何かしら癖ありますよね。

3歳でも話し合うことってできるんだなと。
頭ではわかっていたけど、実感しましたね。

お互いの気持ちを説明し合うこと。
これからも忘れずにいたいと思います。

> daisyちゃん
運良く大成功だったみたいよ。
結構思いつきで言ったことだからねぇ。
まさかこんなにうまくいくとは。

やっぱりどこかしら体を触れ合うことって、
子どもにとって安心するし、嬉しいことなんだねぇ。

おっぱい触るのは、ひどく拒否しない方がいいと聞くけど。
なんか触られるのヤダよね。(笑)
男の子の方が多いかもねー。

・・・年頃になれば触れなくなるわよね。(爆)

> ちゃまさん
私も怒ってばっかりだよー!!
この記事をアップした後も、変わらず怒りんぼ。(笑)

怒るのはいけないことをした時だけ!って思ってはいるけど。
そうもいかないよね。

でも。それでも、子どもの気持ちは汲み取ろうと。
今回のことで心に誓いました。
そう思ってると、怒っていても、ふと冷静になれる時があります。

お互い、頑張りましょう!

> umemiちゃん
爪噛みもかなり気になる癖だよね。
自分はともかく、子どもがしてたらね。(笑)

恐怖心を煽っても、本当にそういう結果にならないから、
慣れちゃうんだよねー。
わかっていつつも、思わず口をついて出てくるよね。

手つなぎ作戦。
やってみてくださいな。
どーなるかな?

> みみさん
まさに!タイムリー。
お子さんの年の頃も同じくらいだし。

ねぇ。結構悩みますよねぇ。
自分が寂しい思いをさせてるんじゃないかとか。
考えすぎると落ち込むので、考えないようにしてますけど。

甘えたがる時、ありますあります。
意外と、異常なほど反応して甘えさせてあげると、
結構あっさり『やめてよ』とか言われたりして。(笑)
3歳。難しい年頃ですよね。
甘えたいのと自立したいのとが競り合ってる感じで。

じっくり話してみるのいいかもしれません。
お試しあれ。

> yukaさん
いやー。普段は怒ってばっかですよ。(笑)
娘に『怒ってないでよ』と指摘されます。

でも、指しゃぶりばっかりは、
情緒面の問題がよく言われてるので。
あんまり頭ごなしに言えなかったんですよ。
こわくて。悪化するのが。

日々試行錯誤です。
親ってたーいへーん。

> あきごんさん
ありがとーございます!
あきごんさんにお褒めの言葉をいただくと、
ひっじょーに嬉しい!
・・・のはなんででしょ?(笑)

『ちょっと待ってて』は、私も常套句ですよ。
あれねぇー・・・そのまま忘れちゃうことありません?
待たせたまま忘れてて。
よくないなぁと思います。自分で。

例の保健師さんはねぇ。
たしかに、近所のおばちゃん並みですよね。
子どもに対して失礼だなと思いましたねー。
プロなんだから、『子ども』だけど、『人間』として接しろよ!と。

自宅ではどうあれ。
職場なんですからね。(笑)





コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。