いらっしゃいませ

いつもありがとうございます。

プロフィール

ゆずっち

Author:ゆずっち
【ゆずっちと家族】
 ゆずっち (31歳)
 夫 (30歳)
 イチコ (4歳)
 ニコ (0歳)

【すき】
 映画 本 パン 森川次朗さん

【にがて】
 コーヒー セロリ 急ぐこと 

カテゴリー

最近の記事

最近の記事+コメント

リンク

トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ベビベビメッセンジャー

ベビベビ点取り占い

ブログ☆ランキング

ランキングに参加してみました

気が向いたらクリック☆クリック

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保育の質と量

さっき。
TV番組『ガイアの夜明け』で。
保育に関することやってたの。

気になった一言が。

『保育はサービスではない』

保育のベテランさんの言葉。

私みたいな若輩者が言うのもなんですが。

・・・そう?サービスじゃない?
広い意味でサービスだと思うわ。

この方。
むやみやたらに施設を増やせばいいってもんじゃない。
ってことを言いたいらしいんだけど。
そりゃそうだけど。

足りないのは事実だし。
いいんじゃない?サービスの枠で捉えても。
家庭保育だけで子どもの養育を補えない家庭にとっては、
実にサービス。でしょ。

保育所の質が揃ってないのに量だけ増やすなとか。
保育所の質を高めるには金がかかるとか。
24時間保育は大人のエゴだとか。
子どもの生活リズムはどーすんだとか。

考えればキリがない。
生身の人間、しかもまだいろんな意味で『やわい』子どもを、
集団で保護者から離して面倒みるわけだし。
場合によっては、保護者の面倒もみちゃうわけだし。

保育所の質とか量とかがどーのこーのも大切だけど。
一番大切なのは、保育士の質でしょ。

保育士の質が上がれば。
施設の量を増やしても。
保育時間が長くなっても。
その施設の質も、保育の質も上がるってなもんで。

はい。
精進します。

私はパート。
たかがパートって思われる節もありますが。
保育士です。

誇りを持って。勤勉さを忘れず。愛情深く。柔軟に。
頑張ります。


・・・何?この記事。(笑)
すげー長い独り言です。
スルーしてね。(あげく・・・)


スポンサーサイト

<< 滞ってました。 | ホーム | ☆あの子のことがもっと知りたいバトン☆ >>


コメント

 

今、ちょっとこーふんしてるから!?
ゆずっちの気持ちわかる。強くネ!今こそ教育の時代が来たね。

ありがと~!

子どもを10時間預けてるわけで。
こうやって愛情もって子どもに接してくれるゆずっちちゃんみたいな
保育士さん、とってもうれしくってありがたいよ。

保育はサービスではない。

そういう意見もあるとは思うけど、
ある程度の優柔さは欲しい。
保育所の質、やっぱり保育士さんにかかってると思う。

ゆずっちちゃん、頑張って!そしてありがとう!!!
うちの先生たちは、みんなすてきよ!!
子ども大好きでいてくれて、親にも分け隔てなく接してくれる。

保育士さんには、頭が下がります。

う~む

記事中の(自称)ベテラン保育士さんの言ってることがさっぱり分からないんですが・・・?わたし、世間しらず?
「サービス」って言葉だと、何か悪い意味なの?施設を増やすと、質が下がるの?質を維持して、足りないならば増やす、それが「行政サービス」では?自治体にはその義務があるんじゃなかったっけ?

わたしは、たまたま大家族で、仕事しながらも一日家に居る生活で、でも長女はなんとか保育園に入れましたが、「待機」で困っているひと、たくさんいるわけだし。
長時間保育を云々するのであれば、「預ける親」を悪者にするのではなく、そのような働き方になる「社会のシステム」の問題になってくると思うのですが。・・・これを言い出すと、長編小説ぐらいの長さになっちゃうな(笑)。

いずれにしても、現場の保育士さんたちには、頭が下がります。ホントに精一杯頑張っておられます。願わくば、精一杯すぎて保育士さん方がすりへってしまわないような、保育のシステムを。もっと言えば、全ての人が、すりへってしまわないような、ゆとりのある社会を。(物質的豊かさではなく、ね)

っていうか、話、広げすぎ。すみません。

お知らせ

記事に関係なくてごめんね。
えっとこのたびブログ・・やめます。(いきなりかよ)
今までありがとう!
これからも遊びに来ます~。
そんなことでまったねー!

コメレス遅くなりました!!

> しげぞー
また酔ってるな?しげぞー。
今日は何のビールですかな。

教育の時代ね。
ホント。小学校は大変らしい
学級崩壊。まさに。
保育所は教育ではないけど、
小学校の先生のことを考えると、
ちょっと考えさせられるものがあるわよ。

> daisyちゃん
やっぱりね、
自分が母になって、特に柔軟な対応には気をつけるようになったわ。
若い頃は理想ばかりが念頭にあったけど。
そういうの前面に出すと、お母さんたち疲れちゃうもんね。
『わかってるわよ!でも無理なのよ!』みたいな。

やっぱり柔らかい方がいいわね。うん。

保育士みんながみんな、働く母の味方とは言い難いけど。(!?)
私は、味方でありたいな。

> みみさん
『サービスじゃない』っていうのは、
多分、十分な物的・人的環境を用意できないのに、
施設ばっかりボコボコ建ててんじゃねぇ!
ってことだと思うんです。
『サービス』って言葉だけが独り歩きしてるんじゃない?っていうことなのかな。多分。

だから。ホント、みみさんの仰る通り、
社会(特に行政)が変わっていかないとね。
堂々巡りですよね。

とりあえず。老人福祉だけじゃなくて、
未来のある児童福祉にも予算を!莫大な予算を!!くれ!(笑)

だって、割れてる便器にガムテ貼ってさ。
そこに座った2歳の子が、
『センセ、お尻、なんか痛いね』って。(泣)
ホント、全てぶちまけたいくらいですが。(爆)ヒドイよ!!

> アキラさん
!!!?????
ビックリしました!ホント。
急ですねぇ。
アキラさんの語り口好きだったんで残念ですが。

これからもぜひ遊びに来てくださいね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。