いらっしゃいませ

いつもありがとうございます。

プロフィール

ゆずっち

Author:ゆずっち
【ゆずっちと家族】
 ゆずっち (31歳)
 夫 (30歳)
 イチコ (4歳)
 ニコ (0歳)

【すき】
 映画 本 パン 森川次朗さん

【にがて】
 コーヒー セロリ 急ぐこと 

カテゴリー

最近の記事

最近の記事+コメント

リンク

トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ベビベビメッセンジャー

ベビベビ点取り占い

ブログ☆ランキング

ランキングに参加してみました

気が向いたらクリック☆クリック

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死ぬまでにしたい10のこと

死ぬまでにしたい10のこと
映画週間~2本目。
『死ぬまでにしたい10のこと』
(2003年スペイン・カナダ)
監督 イザベル・コヘット 主演 サラ・ポーリー

この映画。公開された頃を思い出したの。
すご~く見てみたいと思ってたんだよね~。
って、今まですっかり忘れてたんだけどね。そんなもんよね。

これはアタリでした。私にとっては。思い出して観てよかった。(笑)
でも、もし独身の頃、子供がいない頃に観てたら、
きっと印象が違ったかもしれない。
お子さんがいらっしゃる方が観たら、切なくてグッときます。
いろいろと考えさせられます。
絶対オススメです。観て!

ストーリーはね。
ま、また公式HPから抜粋させていただきます。でへ。
以下、かなりネタバレだからね。


愛するふたりの娘と失業中の夫と共に
トレーラーハウスで暮らす23歳のアン(サラ・ポーリー)。
ある日体の不調を覚え検査を受けたところ、余命2ヶ月と宣告される。
彼女はそのことを家族には告げず、
「死ぬまでにしたいこと」リストを作る。
そして残していく家族のための準備もすすめるアン。
ささやかな想いをひとつずつ実現していくうち、
彼女は初めて生きる喜びを知る・・・。


そこのあなた。これ読んだだけで涙出そうになったでしょ?(笑)
でもね。観てみると、それほど涙が止まらない映画ではない。
と、思う。私はそうだった。

夜間、大学構内の清掃を仕事としているアン。
17歳で夫のドン(スコット・スピードマン)と出来ちゃった結婚。
19歳の時2人目の子供を産み。
実家の裏庭のトレーラーで生活をしている。

夫はかっこ良くて優しくて、子供の面倒をよくみてくれる。
娘たちはかわいい盛りで、ママが大好き。

どんなに生活や育児に日々振り回されても、
自分のやりたいことが全てできない毎日でも、
アンはとにかく淡々と家族のために過ごしてるのよね。

余命2ヶ月の宣告を受けてから。
自分の心の奥底に閉じ込めてきた不満や欲求に気付いて。
死ぬまでにしたいことリストにも表れてる。
「夫以外の男の人と付き合ってみる」とか。
「爪とヘアスタイルを変える」とか。

でも。家族への愛は変わらないから。

自分の欲求と家族への愛のリストを同時進行。
夫と違う男の人と恋に落ちて逢瀬。
家族に対するメッセージをテープに録音。
リストを着々と実現しながらも、日々の生活は変わらず過ごす。

人って。「死にますよ」って言われると。
ものすごいパワーが出るのかしら?
電球が切れる前に強い光を発するように?

一番切ないなぁ~と涙したシーンは、ラスト。

リストの中に『娘たちの気に入る新しいママを見つける』ってのがあって。
これ、読んだだけでかなり切ないんだけど。

新しいママ候補として白羽の矢を立てたのは。
隣に引っ越してきた女性。
子供が大好きですごく聡明な女性。

子供を預けてみたりして、仲良くなって。
食事に招待するの。家族みんなと食事しない?って。

食事をすることが実現した時には、アンはもう命が途切れそう。
ベッドに寝て。
食事の準備をする家族と、「新しいママ」になるであろう女性。
とても楽しそうな4人の姿を見ながら。
『残りの人生に未練はない』『家族が幸せであればいい』
そう考えながら死んでいく。

もうね。耐えられないですよ。これ。
自分の居場所がなくなることを確認してから死んでいくなんて。

私だったら、いつまでも家族に執着するだろうなぁ。
最後の最後まであがいてあがいて・・・。
(今の状態で死ぬとしたらね)

アンはリストを実現していきながら、
家族への愛を再確認して、
自分のやりたいようにできて、
すご~く満ち足りたからこそ、こんな最後を迎えられたのかなって。

この映画。原題が『my life without me』。
・・・切な過ぎる。この原題に全てが集約されてる。
なんで原題のまま公開しないんだろう?
絶対こっちのタイトルの方がいいなって。
最後に思ったのです。






スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

<< 表参道→カザミアスタジオ | ホーム | ミュンヘン >>


コメント

観た!!
これ、DVDになったときにすぐ観た!!!
ちょっと忘れてたけど、泣けたわ~、これ。

夫以外の男性をしらないから、違う人と恋をしてみる。

これだけ読むと『はあ?』っておもうんだけど。
『余命2ヶ月。』
これが入ると変わってくるわ。

多分さ、原題のままだと、観ないでも中身分かっちゃうからじゃないかな。
だから、『死ぬまでにしたい~』にしたのかな。
そしたら、リストアップを表に出して、最後の切ないシーンに
どどど!!!ってせつなさ集約できちゃうし。

私は家族に執着、するよね、やっぱ。
ふざけては言うけどね、夫に。
『私がもし死んだら、ちびたにいいママみつけてね!
んで、若くてカワイイ子にしてね。そしたら夫もうれしいでしょ?』って。

これが私の言える、精一杯の強がりなのかも。うん。

もいっかい改めて観てみようかな。これ。

うわぁ~、これ観たかったんだ・・・。

でも、ゆずっちさんの記事を見ただけで、暫らく観れないなぁ~。
泣いちゃってきっと最後まで見れないよ、私。

日本じゃ、まだまだ「告知」は本人じゃなくて家族にするよね・・・。
いざ、「余命2ヶ月」になったら告知するのは辛すぎるもんね。

でもいつか観たいな~、もっとオトナになってから。(って、オバさんがナニ言ってる~!!)

コメレス、た~いへん遅くなりまして。
スイマセンです。

> daisyちゃん
そっか。原題のままだと、ラストがばれちゃうわ。(笑)
あぁ、なるほど。

私、強がりすら言えないわ~。
表も裏も弱気・・・。

もう少し年を取ってこの映画を観たら、
また何か違う想いが心をよぎりそう。
いい映画だよね。

> るんたさん
病気の告知。
やっぱり、本人にはあまりされないのですかね?
家族にかぁ・・・。

自分だったらどうだろう。
んでも、「もうすぐ死にます」なんて告知、やっぱりやだな。
んでも、知らずに死んでいくのはもっとやだなぁ。

るんたさん、この映画観たら、かなり泣きますよ!
だって、主人公の娘たちがきっと自分の娘とダブるから!
姉妹だし!まさに!って感じ。




コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。