いらっしゃいませ

いつもありがとうございます。

プロフィール

ゆずっち

Author:ゆずっち
【ゆずっちと家族】
 ゆずっち (31歳)
 夫 (30歳)
 イチコ (4歳)
 ニコ (0歳)

【すき】
 映画 本 パン 森川次朗さん

【にがて】
 コーヒー セロリ 急ぐこと 

カテゴリー

最近の記事

最近の記事+コメント

リンク

トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ベビベビメッセンジャー

ベビベビ点取り占い

ブログ☆ランキング

ランキングに参加してみました

気が向いたらクリック☆クリック

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イン・ハー・シューズ

イン・ハー・シューズ
 ブログ、軽く放置気味でした。
 ま、その理由は次の記事で。

 帰省前にDVDで観た映画ですが。
 『イン・ハー・シューズ』(2005年アメリカ)
 監督はカーティス・ハンソン。
主演はキャメロン・ディアス、トニー・コレット。

ストーリーは。
自由奔放で美しい顔と体で男を虜にする妹・マギー(キャメロン)と、
堅物で容姿に自信がない弁護士の姉・ローズ(トニー)。

マギーは難読症という病気を持っていて、学力に自信が持てず、
定職につかずに男にたかって生活している。

ローズはそんな妹に振り回されることを嫌い、
バリバリ仕事して自立してる。
でも「女」としての部分に自信が持てず、
大量の靴を買って眺めることでその寂しさを紛らわす。
(その靴は全て女らしさに溢れるデザインで、全く履けないでいる)

でもでも。そんなローズにもステキな恋人ができた。
職場の上司でいい男!
信じられない気分で幸せに浸っている所へ、
マギーが転がり込んでくる・・・。

設定としてはありがちだなぁ~っていうのが冒頭の印象。
反目し合う姉妹があれこれもめて、最後にハッピーエンド。
でしょ??なんて思って。
・・・ま、結果的にはそうだったんだけど。(笑)

お互いに気に入らない部分ばかりだけど、共通の心情も持っていて。
それが、継母への苦手意識と(継母がまた超やな奴)、亡き母への想い。
そのおかげで少なからず話題には事欠かず、盛り上がる。
姉も妹に振り回されつつも「仕方ないなぁ」程度で済ませてる。

ただ、ローズはマギーが無職であることを責めるのよね。
いや、責めてるつもりはなくて気遣ってるんだろうけど、
その点で劣等意識を持ってるマギーにとっては責められてる感じ。

その腹いせか?元々の癖か?
マギーがローズの恋人を誘惑(したんだと私は思う)してベッドへ。
それをローズが目撃しちゃうんだよねぇ。

これが決定的となって、お互い罵り合い、負の感情が爆発して。

マギーは父の所へ逃げ込み、亡き母方の祖母からの手紙を見つける。
自分たち姉妹への手紙。全て父が隠していた手紙。
存在することさえ知らなかった祖母。

多分、感傷的になったというよりも、お金をせびる人を見つけた!
って感じで、祖母の住むフロリダへ向かう。

そこでだんたんと自分の存在意義を認めてもらえて、自信がついて。
すご~く充実した日々を送る。

ローズは職場をやめて。
時間に自由のきく仕事を見つけ、元・同僚と恋に落ち婚約。
眺めるだけだった靴を身につけて。
こちらも充実の日々。

ただ、マギーのことを婚約者に語らないことで亀裂が・・・。
そんな時に祖母からローズへ「会いたい」と手紙。

フロリダでローズとマギーの再会。
祖母とローズから聞かされる母の死の真相。
幼かったマギーがどれだけローズに守られていたか。

姉妹の心は打ち解けて。
ローズと婚約者の間の誤解も解けて。
ローズの結婚式で難読症のマギーが読み上げた詩で本当の姉妹の和解。

いい映画でした。
単純なお話かもしれないけど、
妹を大切に思うばかりに真実を心の奥に押し込めて生きてきた姉。
大切な人(姉)に全く認めてもらえないと自暴自棄だった妹。
そんな姉妹の育った背景が手伝って、すごく感動的な結末です。

キャメロン・ディアスの素晴らしいプロポーションも見もの。
ただ・・・やっぱ老けたよね!って思えるショットが多数。(笑)
お化粧が薄いほうが若々しいよね~・・・・
っていう感想で終わりました。やっぱりこんな感じ!!(爆)


スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

<< あったま来たよ~っ!! | ホーム | ☆○×バトン☆2 >>


コメント

ふーーむ、面白そう。 でも今はちょっときついかな。
実は私、姉妹2人の下。
別に読難症でも男にたかって生きてるわけでもないけど、姉に守られてる幼い妹の図って、弱いんだよね~。 トトロでさえ・・・ちょっと見るときを選んじゃう。

でも、見てみたいな~。

しっかし、
>やっぱりこんな感じ!!(爆)
のところで、大笑いしちゃったわ~。 ここがゆずっちさんらしさだよね!

> るんたさん
観れる時がきたら、ぜひ観てくださいよ~。
そういえば、お子さんも姉妹ですもんね。
う~ん・・・るんたさん、泣いちゃうな~。(笑)

いや~。映画観た後、いろいろ考えさせられても、
結局最終的に俳優さんとか女優さんの見た目の感想でね。
落ち着いちゃって。
んふ。くだらない結論でいつもスイマセン。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。