いらっしゃいませ

いつもありがとうございます。

プロフィール

ゆずっち

Author:ゆずっち
【ゆずっちと家族】
 ゆずっち (31歳)
 夫 (30歳)
 イチコ (4歳)
 ニコ (0歳)

【すき】
 映画 本 パン 森川次朗さん

【にがて】
 コーヒー セロリ 急ぐこと 

カテゴリー

最近の記事

最近の記事+コメント

リンク

トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ベビベビメッセンジャー

ベビベビ点取り占い

ブログ☆ランキング

ランキングに参加してみました

気が向いたらクリック☆クリック

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

博士の愛した数式

読み終えてしばらく経ちました。

『博士の愛した数式』小川洋子さん著

文庫で読みました。義妹に借りて。



以前も記事に書きましたが、

映画のイメージばかり先行して、原作があると気付きませんで

だもんで、読んでる間中、ずっと頭の中を寺尾聡さんと深津絵里さんの顔がチラチラ。



でもね、お2人のイメージがピッタリでした。

読んでいて、「あぁ、映像だとこんな感じかな?」って想像しながら読めて、

すごく良かったです。

読み終わって、映画見たいな~と思いました。



内容的には、私の大の苦手な数学のお話や数字の羅列、

そして、あまり詳しくないプロ野球チーム阪神タイガースの選手の名前、

そういったものが随所に出てくるもんで、「んん~・・・?」と。(笑)

本を読むのが早いほうなのですが、今回、ますます早かったです。フフ。



その2つのことが話の柱にはなってくると思うのですが、

理解はなんとなくでも、ついていける話にはなっていることは確かです。



記憶が80分しかもたない博士と、家政婦とその子供の間で、

深い愛情とも友情ともいえる絆が結ばれていく。

結構淡々とした話でしたが、

文章が柔らかくて、温かくて、表現も面白く、読みやすかったです。

そして「どうにもならない」切なさが胸に響きました。



子供がキーパーソンといった感じなのですが。

私、自分に子供がいなかったら、「面白さ」は半減してたかも。



記憶が80分しかもたないなんて・・・。

想像しても想像つかない。

日々、嫌なことばかりな人や愛も友も何もいらない人にとっては、

すご~く都合の良いことかもしれないけど、

日々楽しくて、愛も友も大切で、全てのことがかけがえのないことだと思っている人

(私はもちろんそうだけど、普通はそうだと思います)

にとっては耐えられないことだと・・・。



当たり前だけど、読みながらそんな風に感じました。

「記憶」できるって素晴らしい。


スポンサーサイト

<< Mr.&Mrs. スミス | ホーム | よみがえる思い出 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。