いらっしゃいませ

いつもありがとうございます。

プロフィール

ゆずっち

Author:ゆずっち
【ゆずっちと家族】
 ゆずっち (31歳)
 夫 (30歳)
 イチコ (4歳)
 ニコ (0歳)

【すき】
 映画 本 パン 森川次朗さん

【にがて】
 コーヒー セロリ 急ぐこと 

カテゴリー

最近の記事

最近の記事+コメント

リンク

トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ベビベビメッセンジャー

ベビベビ点取り占い

ブログ☆ランキング

ランキングに参加してみました

気が向いたらクリック☆クリック

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇妙な塔?

福祉施設で毎週催されている未就学児対象の遊びの会のようなものがあります。

用事のない時は娘を連れて参加しています。

手遊び、季節の遊び、絵本の読み聞かせ、工作など、

内容は盛りだくさんで、子供も親も楽しめる、そんな1時間。



先日は『紙で遊ぶ』ということで、新聞紙や広告紙で工作をしました。

作る時間がなくなってしまい、施設職員が作った見本を見せてもらった「新聞紙の帽子」。

娘が家で「作りたいね~」とはりきっていたので、早速トライしました。



見本を遠目で見ただけですが、なんとなく形になってればいいや、

と適当に新聞紙を丸めて簡単にできました。

「フサフサつけてかわいくしたいわぁ~(←マダム風)」と娘が言うので、

・・・フサフサ?と思いつつ、適当に作り、その他もろもろの飾りも付け・・・。



出来上がった帽子がこれ。



う~ん・・・奇妙だ・・・。



娘が「古時計をつけたい」(?)というので、

(多分、「大きな古時計」が娘の十八番だからだな)

折り紙で腕時計を作って帽子(というより何かの塔?)の先端に。

大満足の娘。

「もっと丸作って。折り紙」とせがまれ、せっせと切っていると、

私が作った腕時計を真似て娘もペンで時計の針を書いていました。

それをつなげたものもまた帽子に飾れ!との指示が。



う~ん・・・まぁ、微妙に時計の針に見えなくもない!?

「7時だね。7時。これもこれも7時だね」と満足げでした・・・。

(なぜか7時が好きな娘)



せっかく作った大作なので部屋に飾ってありますが。

なんだか新手の宗教のシンボルのようであり・・・

宇宙人と交信でもするための塔のようでもあり・・・

どうしても私の目には帽子ではなく、奇妙な塔にしか見えないのだよ・・・。




スポンサーサイト

<< よみがえる思い出 | ホーム | ガーベラ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。