いらっしゃいませ

いつもありがとうございます。

プロフィール

ゆずっち

Author:ゆずっち
【ゆずっちと家族】
 ゆずっち (31歳)
 夫 (30歳)
 イチコ (4歳)
 ニコ (0歳)

【すき】
 映画 本 パン 森川次朗さん

【にがて】
 コーヒー セロリ 急ぐこと 

カテゴリー

最近の記事

最近の記事+コメント

リンク

トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ベビベビメッセンジャー

ベビベビ点取り占い

ブログ☆ランキング

ランキングに参加してみました

気が向いたらクリック☆クリック

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殺人の門

物騒なタイトルですが・・・・。

小説です。東野圭吾さん『殺人の門』。



この小説を買ったとき、

本当は同じく東野さんの『死神の精度』を買おうと思っていたんです。

でも単純に本の分厚さで前者を選びました。

分厚い小説好きなんです。

結構読むのが早いほうだから、長く楽しみたくて。



『殺人の門』は私好みの内容でした。

暗く、救いのない感じ

殺人を犯すきっかけとなる動機、感情って何?

と、主人公が模索していく。

あわよくば実行したい。

始まりはこんな感じでした。

身近になさそうでありそうなお話でした。

実際自分の周りではないことだけど、

少し離れた世間では同じようなことが起こっているんだろうなと。



些細な言葉、噂、妬み、羨望、その他もろもろの感情が、

1人の人間の生活や人生にどれだけ影響を与えているか。

主人公がふりまわされている様を読み、思いました。

小説の中の話だけど、こんな些細なことなら身近にあるなって。

人の心の奥底をのぞいてみれば、

きっとみんな同じようなのかもしれないなって。



ただ、そこで歩む道が分かれていくのは、捉え方次第。

人を恨んで人のせいにして前に進んでいくのか、

自分のしたことを反省して前に進んでいくのか。

どういう状況でも後者でいたいなと思ったのでした。



訳のわからん文章になってしまいましたが。

ネタバレはなるべくしたくないもんで。

興味あれば読んでみてください。










スポンサーサイト

一安心

日曜診療を行っている小児科へ行ってきました。



先生に発熱の経緯を話すと、

「一概にインフルエンザは高熱とは言い切れないんだよね。

今年診た子で37.3℃でインフルエンザ陽性だったのがいたから」

と言われ、戦々恐々・・・



インフルエンザの検査は「綿棒で鼻をクルってするだけ」と

娘に説明済みだったので、

先生に「ちょっと痛いけど頑張ってね~」と言われても、

何食わぬ顔でひょうひょうとしていた娘。



綿棒のような検査キットを鼻に入れられた瞬間・・・

「ギャ~

注射より泣き叫んでました



ごめん。だってママはインフルエンザの検査したことないんだもん。

そんなに鼻の奥まで入れると思ってなかった・・・



15分後、検査結果が出ました。

結果は『陰性』

良かったね~インフルエンザじゃなくて!

ほっとして喜ぶ私を横目に娘が一言。

「鼻、クルっじゃなくて、ブスブスっだったね」。

・・・・だからゴメンってば・・・。

も、もしや・・・

昨日起き抜けに変な咳(ケンケンっ!て感じ)をしていた娘。

案の定午前中のうちに熱が出てきました。

37℃台だったものの、咳も気になるし、一応小児科へ。



かかりつけの小児科(仮・K小児科)の先生はと~っても物腰やわらかな男性。

赤ちゃんの頃から、他の小児科の診察では大泣きする娘も、

なぜかK小児科の診察では笑顔笑顔。

診察が予約制なのも長く待たずに済むので、

私としてもお気に入りです。



「風邪ひいたみたいだから、K先生のところ行こうか」と言うと、

目をキラキラさせた娘。

「行くぅ?Kセンセのとこ行くぅ?早く行かないと!」と、

はりきって準備をして早々玄関へ・・・。

いや、予約時間までだいぶあるけど・・・



K小児科で診てもらったところ、

「まぁ、普通の風邪みたいだね」と。

インフルエンザの検査もしませんでした。

確かに超元気だし・・・

K先生に会って熱も下がったみたいだし・・・



娘は聴診器を当てられてくすぐったいのか、

「ぐふふふ、ぐふふふ・・・



一応風邪のお薬をもらって帰りました。



今朝起きてからも超元気

『おどろんぱ』観ながら激しくダンスする娘。

が、しばらくしてグズグズグズグズ言い出したと思ったら、

熱がギュゥ~ンと上がり、あっという間に38℃台後半!!

「熱が上がってきたね~」と言うと、

「Kセンセんとこ行くの!?」・・・・・



K小児科に電話して聞いてみると、

「38℃台に熱が上がった時間から48時間以内だったら、

インフルエンザのお薬が効きますので・・・」

いっ!インフルエンザ

「明日はうちは休診なので、

日曜診療をやっている小児科さんでインフルエンザ検査してみてね」

なんて言われちゃった!!



あぁ~予防接種してないのに~・・・・。

インフルエンザだったら軽くは済まないなぁ~・・・。

私・・・うつりそう~・・・・

なんて思いながら、娘に「K先生は来なくていいって言うから」

と伝えると、

「行かないの!?行かないの!?Kセンセは!?うわ~ん

泣くほどかい・・・。まるで恋・・・。



今日は1日中38℃台後半をキープするも、

相変わらず元気は元気

「おどろんぱ」DVDを観ながら激しくダンス、激しく熱唱。

治るもんも治らんよ・・・



インフルエンザ、陰性だといいな~・・・。






霞ヶ浦水族館

最近、休日にことごとく予定(遊びと子守ね)が入っていて、

睡眠不足と疲れでヘロヘロだった旦那。



昨日は予定白紙の休日だったので、

旦那にたくさん寝てゆっくりしてもらおう・・・

と思っていました。



が。

なぜかいつのまにか、体力とやる気が回復していたようで。

(仕事しながら回復するってどゆこと?)

休前日の夜、「明日水族館行こうかな~」なんて言い出しました。



で。

昨日はそこそこ近場の霞ヶ浦水族館へ。

淡水魚のみの水族館、入館料300円。

ものすごく小さな小さな水族館でした。



広い公園内にあったので、

水族館よりも芝生や鯉の住む池に大はしゃぎの娘でした。

池の鯉に餌を投げては「楽しいねぇ~楽しいねぇ~」を連発。

けれど、餌は池には届かず全部足元に・・・。

フラフラしていた野良犬が一生懸命拾って食べてました。

ま、楽しけりゃいいんだけどさ。



水族館内で1種類だけ娘の心をとらえた魚がいました。

名前は忘れました

タイガーって名前についてたような気がしないでもない。

細長~いんです。

私「この魚好きなの?」

娘「うん」

私「なんで好きなの?」

娘「口がね、なが~いくて、ニコッてしてる」

私「?????????」

んん~・・・微妙にニコッてしてるかな・・・??

私にはわからんよ、娘・・・。

でも嬉しそうなので良かったよ。



夜寝る前にトイレに行った時。

「今日は何が楽しかった?どこ行ったっけ?」

と娘に聞いてみたところ。

「ハンバーグ!レストラン!」即答。

あぁ・・・お昼にファミレスでお子様メニュー食べたっけね。

魚はどこに消えちゃったのよ・・・




青いね~

ちょっと模様替えしてみました・・・。

ていうか、模様替え途中です・・・。

青いよね~・・・。

なんか納得いかないわ~・・・。



実はぜ~んぜん知らないHTMLに挑戦なのです。

む、無謀・・・

どう考えてもお手上げ状態なのに、

なんだかわからないのが悔しくて「やってやるぅ~」てな感じ。



すっごい適当にやってるから、(←いいのかそれでー!!)

突然ページが変な状態になっている時もあるかもしれません。

その時はご容赦ください。






おセンチな娘

先日、母が仕事関係の資格を取得するための講習を受けに田舎から上京。

講習が2日間あったので、都内からちょっと足を伸ばして、

我が家にお泊りしていきました。



講習が午前中から夕方までビッチリだったので、

実際一緒にいられる時間は短かったのですが、

娘にとっては、んも~ワクワクドキドキ大興奮だったのですよ



夕方駅に迎えに行ってからず~っと喋りっぱなし。

お土産にちょっとしたおもちゃももらったりして大喜び。

お風呂も歯磨きも寝るのも「ばあちゃんと!」。

ま、おかげで私はちょっとゆっくりできましたけど



母が泊まって次の日の朝。

都内に出るため、母は8時頃に家を出ることになっていました。

夜遅くまでばあちゃんと喋っていた娘は夢の中・・・。

さすがにちゃんとお別れしないと怒るだろうなぁ~・・・と思い、

7時半頃起こしました。

案外すっきりと起きて「ばあちゃ~ん」。



そこで私が説明。

「ばあちゃんは今日もお勉強があるからもうすぐ出発するよ」と。

すると娘が『またお勉強終わったら、迎えに行くね』・・・。



なんと!!しまった!!!

昨日のうちに娘に、ばあちゃんは勉強終わったら田舎に帰るよ、と教えておけば良かった!!



案の定、もうばあちゃんとはお別れ、今日は一緒に遊べない、

と理解した娘はさめざめと泣き出しました・・・・

母も私もちょっともらい泣きするほど、けなげな娘でした・・・。



今まで何度も母が遊びに来てはいるけど、

こんな風にお別れに涙することなんて一度もなかったのに。

「ばあちゃんはすぐに会いに行けない遠いところに住んでいる」と、

なんとなく理解できるようになったんだなぁ~と思い、ちょっと感動。



結局、また近々母が遊びに来る予定になっていたので、

その日まで指折り数えて待っていてね・・・と母が説得して、

娘は満足そうに納得したのでした



自分の悲しい気持ちを自分なりに納得させる、

そんな風に少しずつ感情をコントロールできるようになってきているんだなと、

娘の成長が少し喜ばしかった・・・



母が帰った後、ことあるごとに「ばあちゃんがねぇ・・・」

とおセンチな表情でため息をついていた娘ですが・・・。

絵本やおもちゃを「お片づけしてね~」と言うと、

「こっ!これは!ば・・・ば・・・(ちょっと考え込んで)ばあちゃんが!!

次に遊びに来たときに!一緒に遊ぶの!遊ぶからっ!ここ!ここに出しておくの!」



・・・・ぬぁにを~?こるぁぁ~

片付けたくないがための言い訳!!

コノヤロ~そんなとこまで成長しやがって~!!










ポテトサラダ

今日の夕ご飯のおかず1品はポテトサラダ



実家に住んでいる頃、ポテトサラダといえばスーパーのお惣菜でした。

母が料理しなかったわけではないです。

でも、ポテトサラダが食卓に並ぶ時はスーパーで買ってきたものでした。

その味、どうも好きではなかった。

酸っぱいような甘いような・・・・。

どのスーパーでも同じような味。

だから、私はポテトサラダがあまり好きではないんだと思い込んでました。



それは大きな勘違いだと気付いたのは、結婚してから。

義母の作ったポテトサラダを食べて感動

酸っぱくもなく、甘くもなく、ボソボソしてない!!

ふ~んわり生クリームのようになめらか!!!

お~いし~い



なんだ~。自分で作ればおいしいんじゃ~ん

と思い、自分で作ってみるも・・・なぜかボソボソ・・・

何回作ってもマヨネーズとジャガイモがしっくりまとまらない・・・



義母に「お義母さんのを真似て作ってみたけど、ボソボソになるんだよ」

って聞いてみた。「なんでだろ?」

そこで義母の天の声が・・・「イモが熱いうちに混ぜな」

なんと!!そんな簡単なことで!!!

(え??そんなこと誰でも知ってるって!?)

確かに私はジャガイモが冷めてから混ぜていた・・・。

だってサラダって・・・冷たいじゃない?



義母に言われたとおりジャガイモが熱~いうちにマヨネーズで和えたら、

しーんじられないくらいふっわふわ!!

冷蔵庫に入れて次の日になってもふーわふわ。

それ以来、ポテトサラダが我が家のメニューに本格的に仲間入りしました



先日明太子がたくさん送られてきたので、

今日のポテトサラダは2種類。明太子入りとマヨネーズのみ。

娘にはまだ生ものを食べさせていないし、もちろん辛いものも×。

旦那はポテトサラダは口の中がもったりするのかあまり食べないのですが、

明太子を混ぜると結構食べるんですよね~。

私は両方を堪能



お袋の味、ならぬ、義理のお袋の味なのでした。






歯磨き粉

出産してからというもの。

一時期は朝の歯磨きや洗顔すら面倒でした。

そのせいか・・・

最近歯が黄ばみやすくなったみたい

一部分だけ茶色く沈着したり。



いろんな歯磨き粉や歯ブラシを使ってみてはいるものの、

なかなか改善されないんですよね。

歯科に行って定期的にクリーニングしてもらうしかないのかな。

でもお金かかるんだよね~・・・



な~んて思っていたら!

信じられない歯磨き粉に出会いました!

ドイツ製(らしい)『settima』(セッチマ)歯磨き。

週に3回くらいの使用が望ましいとありました。



なんと!1回磨いただけで歯がキレイ~

私、かなりお茶類を飲むので、ステインの沈着も気になってたけど、

この歯磨き粉があれば気にならないかも。



歯のホワイトニングを気軽にできたら・・・と思っている方。

ちょっとお勧めします。

効果は人によって違うかもしれないので、あしからず。



ちなみに、歯並びが相当悪いので、デンタルフロスも手放せません




どんな人?

mixiでマイmixiに登録させていただいてる「163さん」の日記から、

面白そうだったので拝借しちゃいました。

163さん、OKかしら?



http://www.magicalindex.com/public/check/index.php



その人となりがわかるかも!?

ちなみに私はこんな人でした。



★マジカルパターン→きらきら組のライオン♀(太陽グループ)

  表情は穏やかで、物わかりの良さそうな人に見えるが、

 内面はプライドが高く、ナイーブで傷つきやすい面を持つ。

 人生をめまぐるしいスピードで生き、止まることを知らない人。

 行動範囲も広く、知性ある行動をとる。



  (前半は当たってる。スピードは遅いと思うけど、止まらんね。

    行動範囲はせっまーいと思うけど、非常に常識的ではあるね)



★性格

  【ライオン】広い世界が大好きだ!根っからの完璧主義者で、何でも確実に。

   ●基準は『世間』である

   ●弁舌はさわやか

   ●プライドが高く、人前では決して弱味を見せない



   (喋るの遅いと思うけど・・・さわやかって・・・?

     人前で弱みは見せるよ~。でも人の言うこと聞くのはホントは嫌)



★感覚

   【きらきら組】自然でいうと「水色の宝石」!オシャレなハートを持つ人です。

   ●デリケートで、目標を高く持つ繊細潔癖型。

   ●プライドが高く美意識が強い目立ちたがり屋でもあります。

   ●人と同じ事はしたくない気持ちが強く、何に対してもこだわり派です。



   (あんまり当たってないような。特にデリケートってとこ!)

 

★行動

   【太陽グループ】スゴイ人と言われたい

   ●世間から評価される人になりたいと考え、いつも元気で輝いています。

   ●目指すは成功者で、常にある「不安」が原動力で動きます。



    (当たってる~。評価は気になる~。輝いてるかどうか疑問)





163さんは大当たりだったようですが・・・

興味と暇のある方、やってみてね。

身近な人もチェックできますよ~。






雨の日

雨の日ってなんとなく「残念」な気持ち。何が残念って・・・

洗濯物が外に出せないとか、

子供を思い切り外で遊ばせられないとか、

傘を持つのが面倒だとか、

部屋が暗いとか。

その他いろいろ。些細なこと。



雨は嫌いじゃないけど、好きでもない。残念な日。



でもうちの娘にとっては、傘と長靴で一大イベントの日。

病院と図書館に行くだけなのに、家から駐車場までの間、

嬉しそうに熱唱

聴こえる??

★バトン★

リンク貼らせていただいてる、るんたさん、からバトン回ってきました。

初バトン。何バトンでしょう?

やってみま~す。



Q1. お財布はなぁ~に?



     ルイ・ヴィトンのモノグラム。・・・の何だかはわからず。

     小銭入れのがま口が固くて、開けるのにコツがいるのか、

     未だに旦那は開けることができません。

     大学卒業後、2年かかって保育士試験に合格した時に、

     母からプレゼントしてもらいました。

     宝物です



Q2. 携帯はなぁ~に?

     NTTドコモのFOMA SH700iの白。

     昨年、旦那が寝ぼけて投げて破壊、自分で自宅トイレに落として破壊、

     した後の3台目。¥0だったので購入。

     大事に大事に使います・・・。



Q3. 携帯ストラップはなぁ~に?

     父の旅先のお土産「幸せを呼ぶフクロウ」。

     が、つけて2週間ほどでフクロウだけ取れました!

     幸せはどこに!?

     今はその名残でヒモだけ・・・。(ものぐさがバレる



Q4.手帳はなぁ~に?

     手帳は持っていません。仕事してないので不必要。

     予定はカレンダーに書き込む派。



Q5.バッグはなぁ~に?

     お気に入りは「HUSHUSH」の手提げバッグ。布地(?)。

     持ち歩きすぎて毛玉ができてきてちょっとショック

     小ぶりに見えて、オムツも着替えも入る優れもの。

     近所でのお買い物には「COACH」の黒のナイロンのショルダー。

     旦那が仕事でアメリカ研修に行ったときお土産に買ってきてくれた。

     だけど、メンズ!!「オムツとか入れるのに機能的」だからだって。

     「COACH」なら他にいろいろ欲しいものあったっつーの!



Q6. コレだけは無いとダメな物は?

     んん~・・・今はパソコン。

     必要な情報は全てパソコンから。

     これがなくちゃ次朗さん情報手に入りません。必須!



Q7. このバトン渡す7人あげて・・・



     どなたでもどうぞ~。 





     


お手伝い作戦

うちの娘、1歳半頃から指しゃぶりしてます。

左手の人差し指と中指、2本吸い

あまり指摘すると良くないと、

いろいろな所でアドバイスされるので、

手が汚れているとき以外はあまり言わないようにしています。



でもでも・・・・

吸っている2本の指は爪切りいらず・・・

朝起きた時にはふやけて白くなってシワシワ・・・

吸いダコだってばっちりできて・・・

歯並びにも良くないって聞くし・・・

本当は止めさせたくて止めさせたくて仕方がない



日々の指しゃぶりを観察していると、

夜寝るときはもちろんだけど、

暇にしてる時に頻繁にしゃぶっているんですよね。

車のチャイルドシートに乗っているとき、

私が家事をしていて1人でDVDなんかを観ているとき、などなど。



そこで、一気に止めさせるのは、うちの娘の小心者の性格からいっても、

情緒的にあまり良くないな~と思い、

お手伝い作戦を決行することにしました。

しかも、指先を特に使うお手伝い。



旦那に似て器用な方なので、指先を使うことが好きな娘。

昨夜は早速ゆで卵の殻むきをやってもらいました。

んも~細かく細かくむくむく!

大雑把な私をイライラさせるほど細かくむいてました。

キレイにむけたことで達成感も得られて一石二鳥



この作戦、しばらく続けてみようかな~。



余談

 食い意地の張った娘。味見が大好き。

 殻をむきながら、「あじ(味見)する?あじする?」

 2秒おきくらいに聞きながらむいてました。

 そしてサラダにゆで卵を入れて混ぜながら、

「あじする?あじする?(モグモグ)あじする?」

 って・・・思いっきり食べてんじゃーん!!




Shall We Dance?

数日前、洋画版『Shall We Dance?』を観ました。

リチャード・ギア主演です。

邦画版は観たことがなかったのですが、

その時は何か洋画が観たくてなんとなく借りました。

公開順序とかどうでもいい方なんです



映画の中で、「社交ダンスは恥ずかしい」みたいな表現が出てきました。

アメリカのイメージとしては、「踊ることは日常」みたいなところがあったので、

ちょっと驚き。(←勝手な思い込み??)



最初は動機が不純でも、だんだんダンスにはまっていく主人公。

(なんだか昨日のヨガを思い出した・・・)

その様子を観ているだけでダンスを踊ってみたくなりました。



そして、ラストは泣けました~。

コメディっぽいだけだとばかり思っていたら、

泣けちゃう映画だったのですね~。



リチャード・ギア結構好きなんです。

基本的に、好きな俳優さんが出ている映画を率先して観ます。

冒頭冴えないオジサンだったのに、ダンスを踊れるようになったときのステキなこと



そして主人公の憧れとして、ヒロインにジェニファー・ロペス。

お尻の上がりっぷりが尋常じゃないです

あれだけは日本人には真似できないです





観て次の日、実家の母から邦画版の話をチラッと聞きました。

出演者の配役を教えてもらったら、

見た目も雰囲気も相当洋画版とリンクしてる!!

こりゃ~すぐにでも観なきゃ!!



と、早速邦画版も借りてきました。『Shall We ダンス?』

しょっぱなから日本臭がプンプン漂ってくるような設定。

ハリウッドとの落差が・・・。

ストーリーはほとんど同じで、配役もドンピシャ!

役所公司さんもダンスシーンでかなりステキでした~



ラストではやっぱりジーンときましたが・・・。

なぜでしょう。洋画版よりは感動が弱かった・・・。

どう考えても洋画版の方は非日常的なんですけどね。日本人としては。

不思議なものです。

単に私が洋画の方をより好むからか!?



私の中では『Shall We Dance?』>『Shall We ダンス?』でした。




初・ヨガ体験 クライマックス

スポーツクラブから外に出て駅まで次朗さんと一緒に急ぎ足!!

チラホラ話もしていましたが・・・・

ちょっとその状況に舞い上がっていてあんまり覚えてないです

ただ、「寝てない」という話をちらっと聞いていたので、

「徹夜なんですか?」との問いに「いや~3時間くらいは寝たかな~」なんて

答えをいただいたのだけ覚えてます~。



駅に到着して大急ぎの次朗さんと、同じ方面の子(Mさんとします)は「じゃあね~」と

改札に消えていきました。

私は切符も買わなきゃいけないし、違う方向だし・・・。

でもちょっと残念・・・でもかなり貴重な体験と、

いろいろな感情が渦巻きながら改札を抜けると・・・

なんと!!次朗さんとMさんがニガ~イ顔して立ってました。

乗ろうとした電車が出ちゃったらしいんです。



次朗さんを引き止めたりなんだりしてしまったので、

申し訳ないことしたなぁ~とは思いつつも、

またお話できることに感激。



とにかく一番早い方法で乗り換えていきたいってことで、

Mさんが携帯で路線を調べてくれていたようです。

携帯を覗き込む次朗さん・・・顔!近い!!

その間お仕事の話をちらっと聞いたりしましたが・・・

次朗さん、ちょうど目線が同じくらいなんです!少し高いくらい。

で、すっごく目をまっすぐに見てお話してくれるんですよね。

んも~・・・心臓が・・・もちませんて・・・



乗る電車が決まり、お別れするとき。

「今日はわざわざどうもありがとうございました。お疲れ様です」と

私たちにおっしゃってくれました

こちらこそ・・・お引止めしてすいませんでした・・・

走り去りながら、チョコの入った袋を見せてペコッと軽く頭を下げて・・・。

ちょっと感動しました。私があげたチョコじゃないけど。



長くなってしまいましたが・・・

私の初めてのヨガ、そして次朗さんとの対面でした。



最後に一言。

こんなに近くでお話いっぱいできると思わなかった~

そして、旦那、ほんとに感謝してるよ~


初・ヨガ体験 その2

ヴィンヤーサヨガとは、次朗さんの説明によると、

「呼吸と動きをシンクロさせて行うヨガで、比較的動きの多いもの」

なんだそうです。

例えば、手を上げるときに息を吸い、下げる時に息を吐く、というように。

ヨガの呼吸は鼻で行うということだけは知っていましたし、

ストレッチのような動きだったのでとっつきやすかったです。



ただし!

体がかったくて、ただでさえ運動不足だった私。

動きを追うのは問題なかったのですが、背中と膝の裏からふくらはぎにかけて、

ピキピキピキピキ~ン

足はつらなかったものの、慣れるまでちょっときつかったです



レッスンは1時間だったのですが、

その1時間のうちにだんだんと体が伸びるような柔らかくなるような、

不思議な感覚を得て、じわじわ~っと汗が滲んで・・・



最後、薄暗くしたスタジオで脱力した姿勢をとったときには、

心から「気持ちいい~」と思いました。

始まりは不純な動機でしたが、ヨガの気持ち良さに感動。

体を柔らかくしたいという気持ちもあるので、

自宅で必ずやろう!と決意しました。



終わって立ち上がってみると、なぜか右半身だけ不自然な感じ。

多分、骨盤や背骨が相当歪んでるんだと思います。腰痛も持ってるし。

ヨガをやったことによって歪みが多少改善されて、不自然な感じなのかな?

と自分なりに思いました。



レッスンが終了すると、神々しい気分が一転!

また次朗さんの動きに3人で目を奪われ・・・

スタジオを慌てるように急いで出て行く次朗さんを3人で追うように出ました。

ロッカールームで私たちも急いで着替えて、次朗さんの帰りを狙う



エレベーター前で待っていると次朗さん登場。

私服もステキ

私たちの方を見るも、すぐに顔をそらしてしまい・・・

思わず「待って!」「逃げないで!」「あぁ!」と口々に叫んでしまいました。

次朗さんも「いやいや、逃げないでって・・・ていうか、急いでんの」と。

確かにいろいろ忙しそうなのはよ~くわかっていたので、

手早くチョコ(バレンタインでしたね!明日)を2人が渡し、さよなら~。



が!次朗さんの乗ったエレベーターの扉が開いている!

のっ!乗るしかないでしょ!!



・・・またまた続く・・・な、長っ






初・ヨガ体験

昨日の記事に「と~っても行きたい所」があると書きました。

旦那の体調によっては行けないかも・・・と思っていたのですが、

今朝、かなり眠そうではあったけれど、しぶり気味ではあったけれど、

旦那から「行ってきてよし」とOKが出ましたので!

行ってきましたっっっ!!



某スポーツクラブのヨガイベント。

会員以外でもヨガを体験できるということで。

どうしてそ~んなに行きたかったのかというと・・・

森川次朗さんが講師を務めるクラスがあったんですってば



ヨガにも興味がなかったわけではないですよ。

でも気持ちの上で8~9割は不純な動機が占めてましたよ

だって憧れてる次朗さんに会えるだけじゃなく、ヨガを教えてもらえるなんて。

滅多にない機会だもの。

そりゃ~ヨガ未経験でも気合入っちゃいます



私が希望したクラスは『ヴィンヤーサヨガ入門』。

やっぱりね。未経験としては『入門』じゃないとね・・・

入門クラスの前に初中級クラスが始まっていたので、早速スタジオの外から見学・・・

どんな感じに体を使うのかも気になったので。



い、い、い、いました~次朗さ~ん

思ったよりも華奢な印象でした。

でも全身筋肉!そして常に動きがしなやか~。

とにかく体が柔らかくて、人間業とは思えない体勢もとられてました。

そして・・・金髪でしたよ。伸びてましたよ。

帽子をかぶっていたのですが、レッスン中、ちょこっと脱いだんです。

ちょうどおどろんぱでの短髪を金髪にしたような感じです。



初中級クラスが終わるとスタジオから出られて、

参加者の方とお話されていました。

目の前で!次朗さんが!喋ってる~!!

その参加者の方たちも次朗さんファンでございました。



数十分の休憩の後、前述の参加者お二人とご一緒させてもらって入門クラスへ。

とりあえず足だけはつらないようにつらないように・・・・と思いつつ、

ヨガマットの上でお喋りしながら足をさすりながら待っていると、

次朗さん、入ってきました。



音楽を調整しながら目を閉じてなにやらイメージトレーニング?

いざ始めようという感じで音楽スタート・・・

そしたら意外とボリュームが大きかったのか、

慌てて音量を下げに戻る次朗さん。

ヨガマットの上で滑ってよろける次朗さん。

・・・年上の方にこんな表現失礼ですが・・・キュートでした



あぐらの姿勢でいざレッスン開始~



・・・続く・・・
















風邪っぴき?

一昨日あたりから「鼻の奥が乾くなぁ~」と思っていたら、

昨日強烈に喉が痛み出しました。

ついに風邪をひいたか・・・と思い、

昨日は1日中家の中でもマスク、寝るときもマスク。

娘と遊ぶ時もダラダラ寝そべって・・・。



毎週日曜日(つまり今日)は旦那の実家へ娘と2人で行く予定になっているのですが、

調子が良くなっても今週はパスしておこうと思っていました。

だって明日、13日の月曜日、どぉ~しても行きたいところがあったんです。

どぉぉぉ~しても!!!

だからなるべく無理せず、だらっと過ごそうと。



今朝、娘に「ママは風邪気味だからばあちゃんち行かないでおこう」と話すと、

「ばあちゃんに電話する」と言って、

電話越しに「ママ、風邪みぎ(気味)なんだって。行けないんだって」と熱弁。

何回も同じことを訴えていました。

すると義父母が「迎えに行くからママは家でゆっくりしてな」と天の一声

熱もないのに悪いなぁ~と思いつつも、

『家で1人きり』の魅力には勝てず、「お願いしまぁ~す」。



ゆ~っくりレンタルビデオを見て、ゆ~っくりご飯食べて

んも~至福の時を過ごしました。

あっ、まだ過ごしています

またまた義父母に感謝~

娘に持たせた「はす」のきんぴらだけじゃお礼は足りないようだわ。

おかげですでに喉の痛みはひいて、だるさもとれました

これって・・・ホントに風邪だったのかしら・・・??



ところで、明日どぉ~しても行きたい所。

ここでは詳しく述べませんが、

もしも本当に明日行けたらご報告します。

「風邪も治ったし、行けばいいじゃん」と思われるかもしれませんが・・・

実は明日は旦那が休みで娘を預けて行こうと思っていたのです。

がっ!昨夜から旦那もだるいだるいと訴えてまして・・・

旦那の健康を犠牲にしてまでは出かけられないなぁ~と。



お願い!旦那!仕事しながら体調を整えてくれ!!!

・・・なぁ~んて、無理か・・・

明日行けるといいなぁ~・・・










こころ

昨日の記事の最後にちらっと書いた、夏目漱石の『こころ』。

中学生か高校生の時、教科書に載っていたんです。

授業で初めて読んで、すごく強烈な印象を受けた記憶がありまして。



ずっとそのこと忘れてたんですが、

おちよさんのテーマ「小説」で思い出したので、

久しぶりに読んでみようと、2週間くらい前に文庫を買いました。

で、昨日読み終わりました。

教科書に載っていたのはやはり一番物語的に盛り上がっているところだけ、でした。

そりゃそうだ



簡単にストーリーを説明すると・・・

  「私」と「先生」が出会い、交流していく過程で、

  「私」は「先生」の過去について興味を持つ。

のが、前半。

  「私」は「先生」からその過去を打ち明けられる。

のが、後半。

愛と死のお話ですかね~。って、これは私の印象ですけどね。



明治時代の文学作品なので、言葉が少々慣れず読みにくいですが、

と~ってもイイです。

暗くて、最後までなんだか救われないようなお話なんですけど、

後半は愛に溢れた言い回しがたくさんで、切なくなる。

ま、暗いんですけど。全体的に。

暗くて救いのないお話が好きなんです。私。

もちろんハッピーエンドな楽しいお話も読むんですけど、

やっぱり心に深く残るのは、くら~いすっきりしない話

心根が暗いのか!?



最後に少々引用させていただきます。

著作権、大丈夫かしら?



『私は、妻には何にも知らせたくないのです。

 妻が己れの過去に対して持つ記憶を、

 なるべく純白に保存して置いて遣りたいのが私の唯一の希望なのですから』

                        「こころ」夏目漱石著より



愛ですね。

で、「妻」を「さい」って読むのがまたなんとも・・・。

私にとってはツボなのでした・・・。

 




東京チョモランマ(第16回)

やってきました。東京チョモランマ更新日。

んも~隔週の木曜日、娘のお昼寝時間が待ち遠しいっス



聴かれた方はご存知だと思いますが・・・。

すいません!おこぼれチョモ(←なんて失礼かしら)いただいちゃいました~

一生懸命お便りメール送ってる方に申し訳ないような、タナボタでした



って、私ももちろん毎回一生懸命メール送ってるんですよ!

なまけてるわけではございませんので。



今回もテーマに沿ったメールを送ったのですが。

テーマは『心に残った小説』。

そこそこ読んでるんですが、「これっ!」って1つにしぼれず、

4冊くらい挙げて送ったんですよね~。



でも「たくさんお便り来てるんですよね~」って、

次朗さんと有吾さんが本のタイトルだけ読み上げ始めて。

「あ~、今回はチョモもらえなかったな~。

しかも、本のタイトルすら読み上げられないということは、

こりゃメールが届いてなかったのかな~

と、ガックリきていたその時



次朗さんが、「あっ。まだあった!」って、

私の挙げた本のタイトルを読んでくれました。

あ~良かった、届いてた、これで満足・・・と思いきや

有吾さんが「これは、ゆずっち」って名前読み上げてくれちゃったんです

で、名前言っちゃったから、「チョモをあげよう」と

え?え?ホントに??うわ~いヤッターてな感じですよ。



こんなラッキー1チョモで、なんとリーチ

うぉ~っし次回5チョモ目指して頑張っちゃうぞ~



あ、ちなみに、私の心に残る小説は、

『模倣犯』(宮部みゆき)『グロテスク』(桐野夏生)

『舞姫』(森鴎外)『こころ』(夏目漱石)でした!

恐怖のクローゼット

とっても暖かくて気持ちのいいお天気でした

娘とお散歩でも行こうかな~なんて思いつつ、

せっかくいい天気だからお布団でも干してから出掛けようと、

旦那の布団を持ち上げると・・・・。

な~んだか嫌~な感じにしめっぽ~い



我が家は現在、賃貸なのですが、高断熱・高気密な建物のせいか、結露が激しい。

冬になると部屋中の窓という窓は結露でびっしょり。

それでも乾燥する冬場は日中生活している部屋の湿度が30%台になるので、

加湿器を使用するんです。

ところが!なぜか寝室だけはいつも湿度が60%強。

住み始めて1年目に床やベッドマットレス、クローゼットの中に

カビが生えるという恐ろしい経験をしたので、

寝室だけは除湿剤をボコボコ置いて除湿機まで使用していたんです。



今年の冬は寒くて暖房も例年以上に使っていたし・・・

布団の湿り気はもしや・・・と嫌な予感がして、クローゼットを開け、

端に収納してある客用布団や衣装ケースを取り出してみると

なんとクローゼット内の端の壁面にカビカビカビ

フワ~フワ~ってカビが!フワ~って!!!

あげく底板はびっしょびしょに濡れてました

置いてあった除湿剤は全て飽和状態・・・昨年末に入れたばかりなのに・・・



娘とのお散歩はとりあえず中止。

とにかくカビをふき取ってアルコールで消毒消毒消毒

除湿機をクローゼットに入れて1日中ガンガン除湿しました。

客用布団も全部干して、シーツやタオルケット類は気持ち悪いので洗い、

ようやく落ち着いたのがお昼過ぎ。



娘はすっかりふてくされて、

お昼ごはんのスパゲティをモリモリ食べて、

隣に寝ようとする旦那を嫌だと押しのけながら泣きながらお昼寝・・・

せっかくパパがお休みなのにお出かけできずごめんね~

でもあのカビだけは許せないのよ~。



夜になってすっかり乾燥したクローゼット。

極め付けに、強力除湿・強力脱臭のシリカゲルシートを貼ってお掃除終了。

はぁ・・・引っ越したい・・・・














つるっつる

三十路を手前にして、曲がりに曲がっているお肌

もともと乾燥肌なんですが、だんだん乾燥の度合いがひどくなってます。

小じわもくすみも毛穴も気になって・・・・

物心ついてからずっと肌トラブルは少なかった方なので、

結構気になる今日この頃なんです。



年のせいにしてしまえばそれまでなんですが、

対策をとらずこのまま老いていくのはいただけない。

というわけで、スキンケア、気になってます。

メイクで隠せるとはいえ、やはり肌の調子が悪いと崩れるのも早い。

やっぱり芯からキレイに潤わせないと



出産してからスキンケアは某通販化粧品を使っています。

ネットや電話で注文できるお手軽さと定価格なのに質はよい、

というところにひかれて愛用中です。

でもね・・・慣れてくると違うものを使ってみたくなっちゃうのよね

飽きっぽいところがあるんです。



ちょうど使っている洗顔セットがなくなりそうだったので、頼んでみました。

ファンケルの洗顔トライアルセット。

パウダー状の洗顔料と専用スポンジ、それとクレンジングの3点。

なんだかスポンジってのが気になって、泡立ても簡単そうだし・・・。



届いて早速使ってみましたが、

手で泡立てるのとは比べ物にならない速さでアワアワアワアワ。

たっぷりの泡で、しかもスポンジで顔をスルスル洗うと・・・

まぁ~なんて気持ちいいこと



洗い上がりは信じられないほどつるっつるでした!

古い角質や毛穴も根こそぎお掃除しちゃうのか、

化粧水もどんどん浸透していく感じで。

これはちょっと今使っている物から乗り換えたくなっちゃいました



ちなみに、個人的にファンケルとは何も関係ございませんので。

あしからず


ハウルの動く城

昨夜、旦那と『ハウルの動く城』のDVDをレンタルして観ました。



旦那とは基本的に映画の好みが違います。

でも、宮崎アニメだけは別!大好きです。



すごくキレイな映像とキャラクターの個性と描写がかわいい

出てくる人物、物、全てにおいて、その想像力と表現力に脱帽です。

空想の世界なんだけど、現実の問題が隣り合わせで考えさせられました。



声もそのキャラクターにとても合っていて、違和感なく観れました。

キムタクの声は思っていたよりハウルの外見に合っていてかっこ良かったし、

倍賞千恵子さんの声は老婆だったり少女だったりスゴイ!

美輪明宏さんの声はもう言うまでもなく・・・。



ちょっと笑えたのが、後半、ヒロインのソフィーが

介護生活に追われているような描写があったこと。

それがストーリーと全く違和感ないのが笑えました。



ほのぼのするんだけど、シリアスな宮崎アニメ。

ハズレはないな!と実感しました。



ストーリーは予備知識なく観たのですが、

後半ちょっと「これはどういうこと?」「これって何?」と、

考えてるうちにどんどん話が展開していく感じで、

私の少ない脳みそでは時間が足りない感じでした

返す前にもう1回観なきゃな~・・・。

って、こないだ見た『エターナル・サンシャイン』と同じじゃん!!

鬼は~外~

節分ですね。鬼は外、福は内です。



午前中、近所の福祉施設で豆まきに参加してきました。

いつも遊んでいるお友達たちと一緒です



みんなで牛乳パックと折り紙で鬼の顔のポシェットを作り、

そこに豆を入れて、いざ鬼退治へ



連れて行かれた広~いお部屋にはおじいちゃん、おばあちゃんがズラ~っと。

みんなオデコに地味な鬼のお面。

『あら?もしや鬼はこれだけ?』

もっと子供を泣かすために出てくるみたいな鬼を期待していた私。

だって豆まきする小さい子供ってすっごくかわいいんです。

鬼から逃れるために恐怖にひきつる泣き顔が見たかったわけです

デジカメもばっちり胸に下げて、子供たちの逃げ惑う姿を撮ろうと。

(・・・私が鬼?)



『な~んだ~』と油断していたその時!

突然背後から「ぐぅお~っ!!!」と低い声!!

振り返ると鬼に扮したおじいちゃんと施設職員が!!!

大勢いた子供たちの中でうちの娘が一番最初に泣き、

一番最初に鬼の足元に豆を投げ・・・。

要するに、鬼が登場するまさにその場所に座っちゃってたんです



私はというと、待ってましたとデジカメをかまえたのですが、

子供たちのあまりのにまともに撮れず・・・。

ちょっと残念でした。

でも、数枚子供たちの泣き顔は撮れたので、満足

(やっぱり、私が鬼??)

いや~子供とやる豆まきってホント楽しい~



さて、自宅での豆まきですが。

今日は旦那の帰りが遅いため、昨日済ませておきました。

豆は投げると拾うのが面倒なので落花生で・・・と思ったのですが、

たまたまスーパーには値段が高い落花生しかなく、

小袋に入っている豆を買ってきました。

鬼のお面でさんざん遊んでいた娘。自分がかぶってみたり。

「こりゃ~泣かないかな」って思ってたのに、

旦那がお面をかぶって「うぉ~」と言ったとたん、「ギャーッ

子供って不思議・・・



豆をぶつけて、旦那が「うぅっ・・・」と倒れそうになるのに、

「うぉ~」とまた追いかけてくるので、娘は必死の形相でした。

あ~すっごい楽しかった

来年も楽しみだなぁ~



         画像は豆です。かわいいでしょ??




続・おどろんぱ

先日記事にした「おどろんぱ 新年度ど~なる!?」っていう不安。



2月1日に届いた次朗さんからのメルマガにて、不安解消

平成18年度も継続されるそうで~す

番組の形態の変更、放送時間短縮など、

ちょっと残念な面も見え隠れしてますけど、

とりあえず4月からも同じメンバーでのダンスが見れるかな!?

ということで、嬉しいで~す


疑問

なぜにゴジラ・・・?

(ちなみに入園口です)

栃木旅行 その③

旅行2日目。



特別に一般公開されている日光東照宮付近の『神橋』(←世界遺産だって!)。

を、車で「あれか~」と眺めながら通り過ぎ、

いろは坂で路面凍結にビビリつつ路肩の猿にご挨拶しつつ、

中禅寺湖へ。・・・極寒の中禅寺湖へ!

気温-1度の中、なにを間違ったか湖の風下で記念撮影・・・(さ、寒すぎ)。



早々に引き上げて、また『神橋』を車から眺めつつ、宇都宮へ



『宇都宮動物園』に行きました。

どちらかというと小規模な動物園ですが、

ちょっとした遊園地らしきものもありました。

小規模ながら、なんとゾウやキリンに餌をあげられるシステムに感動

サファリパークならまだしも、動物園ですよ。

早速娘もキリンに挑戦しましたが・・・

旦那の肩車で餌をあげようとしたら、

どうも首をにょ~っと伸ばしてきたキリンと顔が近すぎた・・・

リアルなキリンをまじまじ見てしまった娘は恐怖で号泣

その後、ゾウにも近づけず、ウサギすら怖がる始末・・・。

あぁ・・・失敗した・・・

動物園は大好きだったはずなのに、その後メンタル面で復活できず、

娘はずっと「おうち帰ろうよ~」の繰り返しでした・・・。



でも私たちはなんだかゾウやキリンと仲良くなれた気分で満足

特にゾウさんはいいですね~。

餌がなくなって「なくなったの。バイバイ」って言ったら、

す~っごく悲しそうな淋しそうな目をして鼻を持ち上げフリフリ。

「それってもしかしてバイバイ!?」と

思わずもう1つ餌を買ってしまいそうになりました。

はぁ~かわいかった



もちろんこの動物園もほぼ貸し切り状態でした~



こんな1泊2日でしたが、

娘が一番盛り上がったのはなぜかホテルの中・・・。

あれだけ旦那と遊べるところを探したのに・・・・。

こんなもんです・・・




栃木旅行 その②

ステキなプチホテルに宿泊してきました。

子供が小さいうちはどうしても畳のお部屋の方が楽なので、

いつも和風旅館ばかりだったのですが、

今回は子供も少し大きくなってきたので、ベッドに挑戦。



霧降高原にある『ホテルユーロシティ』さんにお世話になってきました



ダブル、ツイン、トリプルのお部屋、

その他にメゾネットのお部屋もあって、

各部屋に露天風呂付き!貸切庭園露天風呂あり!(しかも温泉!)

という豪勢さなのにもかかわらず、かなりリーズナブルなお値段

そして館内はかなり清潔感があってキレイでした。



私たちは部屋の選べない平日のお得プランで宿泊したのですが、

オフシーズンの平日で空いていた(宿泊客3組!!)ということもあり、

トリプルのお部屋に泊まることができました

ベッドを3台くっつけて広~びろ。

娘は大喜びで大はしゃぎ。



食事はバイキング形式(和洋中)だったのですが、

ものすごくおいしかった~

3組しか宿泊していないにもかかわらず、

料理の種類、量ともにもったいないくらいの豊富さ

余った料理を持って帰りたいくらいでした・・・・



娘を寝かしつけてから、部屋のテラス露天風呂に入りました。

お湯につかるまでのほんのちょっとの距離が極寒・・・・

でもお湯加減がサイコーで、旅の疲れと育児疲れ、リフレッシュできました



・・・続く・・・






栃木への旅 その①

栃木県は日光・霧降高原へ1泊2日の旅をしてきました。

家族旅行です。



我が家は旦那の仕事の都合で連休がなかなかとれないので、

2連休があると思わずどこかにお泊りしに行きたくなる浪費家族。

この寒い時期になぜか寒い所へ行っちゃいました・・・



初日は大雨

朝、ゆっくり出て、まずは壬生町の『おもちゃ博物館』へ。

ここは、旅行前日の夜ネットで室内レジャーを探していたところ、

偶然ヒットしたところ。

平日ということもあってガラ空きでした。

幼稚園ご一行がいたものの、ちょうどお昼時だったので、

の~んびり館内見学できました。



どんなところかっていうと・・・

広~い部屋におもちゃ、絵本、大きい遊具、プラレール、TVゲームが

たくさんあって、自由に遊んでくださ~いって感じ。

それと、ちょっとSFチックな微妙な遊び場がありました。

これは小学生の男の子が喜びそうな空間。

うちの娘は異様な雰囲気に半べそでした

そしてうちの娘にとってのメインイベントは電車の模型コーナー。

本格的な模型(Nゲージとか?詳しくはわかりません)が部屋中に。

そして電車や新幹線の模型が走りまくり。

自分でボタンを押して走らせることもできました。

きっと大人の鉄道マニアの方々も喜ぶことでしょう。



お昼を食べてイチゴ狩りへ。

果物が大好きな娘も大張り切り



昨春にイチゴ狩りをしたときは、

あまりにも食べる勢いが激しく、赤いのも白いのも関係なく、

イチゴが目に入った時点でブチブチとって食べていた娘・・・

30分の時間制限なんて関係なく、

ものの10分で「これ以上食べたらヤバイ」と切り上げたもんだった。



今回はゆ~っくり30分まるまる楽しめました

「あっちのイチゴも食べてみよ~」とか言いながら、

あちこち移動して赤いイチゴを探していた娘でした



と~っても甘くておいし~いイチゴ

平日、しかも天候も悪いってことで、ビニールハウス貸切状態でした

幸せだった~



そして夕方、宿へ。



・・・続く・・・


| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。