いらっしゃいませ

いつもありがとうございます。

プロフィール

ゆずっち

Author:ゆずっち
【ゆずっちと家族】
 ゆずっち (31歳)
 夫 (30歳)
 イチコ (4歳)
 ニコ (0歳)

【すき】
 映画 本 パン 森川次朗さん

【にがて】
 コーヒー セロリ 急ぐこと 

カテゴリー

最近の記事

最近の記事+コメント

リンク

トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ベビベビメッセンジャー

ベビベビ点取り占い

ブログ☆ランキング

ランキングに参加してみました

気が向いたらクリック☆クリック

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おいてけぼ~り~

今日は我が家の旦那様、お仕事お休みでした。

大学時代の友人と2人でスノーボードに出掛けました。

今シーズン初滑り。



今年は娘も連れて一緒に行けるかな~と思いきや、

年明け早々娘の雪嫌い(降ってる雪)が発覚したため、

またもや私はお預け・・・

これだけブランクあると滑れるか不安になります。

いや・・・技術的にではなく、体力的に~・・・



妊娠~出産~育児のこの3年、すっかり運動不足。

体力は落ちて、脂肪は増える。

年齢的にも基礎代謝が落ちてきている感じだし。

ちょいと鍛えねば!!



というわけで、重~い腰と尻を持ち上げて、始めました。

『サーキット・トレーニング』

友人からちらっと聞いてはいたけれど、

実際どんな風にやればいいのかな~って思ってた矢先、

最近発売された雑誌に載ってました

無酸素運動と有酸素運動を各30秒ずつ、合計3分間を休まずに続ける。

そんな運動。

やってみたら意外ときついんです~

あまりにも運動不足だったので、結構効くかも!?

と、期待して、私の悪い癖「三日坊主」にならないようにしないと



ところで、旦那様。

帰ってきてから娘と一緒にさっきまで爆睡。

これから板やらウェアやら、お片づけのようです。

連休がほとんどないので、昨日も明日もお仕事。

体力あるなぁ~と毎回関心しちゃいます。

お土産はおいしそうなパンやった~




スポンサーサイト

凧あげ

義父母と一緒に凧揚げ大会なるものに参加してきました



凧は前日、義母が作ってくれるとのことでした。

ビニール袋を使って作ると言っていたので、

「ま、2歳児が持つんだし、ちょうどいいですね~」くらいに話してた。

どうせ、凧揚げ大会といっても、

みんなでわいわい凧を揚げて楽しみましょう♪みたいなノリでしょ、

な~んて思って楽しみにしていました。



今日はとってもいいお天気。

風がないので凧揚げには不向きかもしれないけど、

寒くなくてこりゃいいや~って感じで会場へ



会場のグラウンドに到着すると、親子連れがそこそこ集まって凧揚げしてる。

『うわ~楽しそう~

受付で手続きしていると、ゼッケンを渡されました。34番。

凧という名のビニール袋は「凧の審査」に回され・・・。

『・・・あれ~?』

なんだか嫌な予感がしたんですが・・・

「この凧、あがんね~ぞ?もしあがったら特別賞だな~」

なんて言われちゃいましたっ。

『え~??楽しく凧揚げようだけじゃなくて、ホントの大会~?



それから、高速道路にある吹流しのような凧、

義母が慌てて改良をし始めました。

お義母さん、それ・・・悪あがきかも・・・・



どうやっても揚がらない凧、

それでも娘は大はしゃぎ、大張り切り

「あがったよ~!あがった~!凧~!」

いや・・・犬の散歩状態だから・・・

ま、でも娘が大喜びしているし、天気はいいし、気持ちいいし、

模擬店のおもちとけんちん汁はおいしかったし、良かったです

参加賞もいただいたしね。



来年はちゃんと凧の作り方を調べて、パパに作ってもらおうね~

って言いながら帰ってきました。

リベンジです


ハサミ その後

粘土用のハサミで自信がついた娘



ついに今日、本物のハサミ(小型)で切っちゃいました。折り紙。

もともと慎重なタイプだと思うので、

ハサミをそれほど大胆には扱わず、

見ていてハラハラするほどではありませんでしたが・・・

それでも紙を持つ指にハサミが近づくたびに「あぁ」と

心で叫んでしまう小心者の母でした・・・。



娘はできたことへの喜びで盛り上がり、

両ジジババに早速テレビ電話(携帯ですよ)でご報告。

褒められるたびにハサミが進む娘でした。

(それにしても細かく切る切る。しつこいようですが、旦那の血筋ね)




おどろんぱ~!

今日は土曜日。「うたっておどろんぱ」デーでした。

 

新作でしたね。歌がたくさん出てくる劇?でしたっけ??

次朗さんのドーナツ屋のばーさん・・・まさに「ばーさん」。

あの腰の曲げ具合は、腰痛持ちが見ると、見てるだけで腰が痛くなる



「歌がたくさん」とありましたが、確かにたくさん。

でもでも・・・今までの曲の歌詞を替えただけじゃな~い!?

なんだか年度末に向けて総集編チックな雰囲気は否めない。

1年間のまとめじゃなくて・・・全体的なまとめ・・・・。



とうとう終了しちゃうのかしら!?おどろんぱ!!

毎週土曜日、次朗さんの姿がテレビから消えちゃう!?



なんて思ったら、裏づけるようなもの見つけちゃいました・・・

『あいのて』というNHK教育の新番組。

4月15日スタートだそうで・・・って、土曜日じゃーん

しかも番組内容も歌とリズムみたいな感じで、おどろんぱかぶり!

うぅ~ん・・・ショック・・・



実際どうなるかはまだはっきりわかってないけど・・・

そのうち発表されそうな予感・・・



じろ~さ~ん、嘘だといってくださ~い


東京チョモランマ(第15回)

青春ラジオ、東京チョモランマ、更新日でした~。



やりました!メール採用で3チョモで~す



前回は採用されず、3連続チョモゲットはなりませんでしたが、

今回は見事リベンジ果たしました~



今回は初めて安田有吾さんにメールを読んでいただきました。

有吾さんの声は癒し系でほんわかしてますね

そしてなぜか今回の次朗さんはテンション高かったような・・・??

徹夜明けとか・・・?

聞かれたみなさん、思いませんでした?

次朗さん、エネルギッシュ



テーマは「部活」だったのですが、高校時代の思い出を送りました。

ハンドボール部だったんですよ。

マニアックですか?マニアックですよね。

当時、ルールもちょっとわかりかねる状態で試合やってましたから・・・。

そんなマイナーさに目が留まったのかしら?



それにしても、次朗さんと有吾さんが盛り上がってくれて嬉しかった

あんなに笑ってくれるとは・・・。

って、別にネタを送ったわけじゃなくて事実なんですけどね。

笑われるような部活だったわけですね

ちょっと次も頑張っちゃうよ~。



次のテーマは「小説」かな?

おちよさんのトップページにまた「部活」って出てたけど、

あれは間違いですよね??

有吾さんが「小説」と言っていたのでそうなんでしょう。

よぉ~し、頑張るぞ~






初めてのハサミ

夕方、夕ご飯を作る私の足元に娘が粘土を持ってやってきました。

「ねんど、ねんどするの

いや・・・ そんなに大声で宣言しなくても聞こえるから・・・。

なんて思いましたが、なにやら娘は気合 がみなぎってました。



いつもだったら「ママも!ママもやって!」としつこくまとわりつくのに、

珍しく集中して遊んでいました。

キッチンのシンクに向かって家事をしていた私も気になって、

チラリと後ろを見やると・・・



なんとハサミ(粘土用なので手は切れません)を持っていました。

持ち方を教えたこともないし、

いつも粘土遊びをするときはハサミなんて見もしない娘。

それなのに、小さい手で短い指でなんとかハサミをあやつって、

平たく伸ばした粘土を切っていました。

そりゃ~もう細かく細かく・・・(←旦那の血筋??)



時折指がつりそうにでもなるのかハサミから指を抜いて手を振りながら。

なんだかその姿が一丁前に見えたんです。

ハイ、まさしく親バカです



改めて、子供の観察眼に感心しました。

普段、大人が使っているのを見て持ち方もなんとなく覚えたのかも。

(いや・・・もしかしたら祖父母が教えてたのかも!?)



「ハサミ、ちょきちょきできたんだ~

と声を掛けると、と~っても嬉しそうな顔で、

「うん!ちょきちょきできた!」と自慢げな娘でした。



ま、そこで声を掛けたがために、

その後はいつも通り「ママも!ママも!座ってねんど!」とお誘いが

でも私もなんだか嬉しくて夕ご飯作りは後回し。

一緒にハサミでちょきちょきちょっきん、でございました~。








育児バイブル

『子供なんか大キライ!』・・・この漫画本何度読んでも面白い。

井上きみどりさんの作品です。



きみどりさんの出産、子育てを、多分ほぼノンフィクションに近い状態で

描かれているのではないかと思われます。

私の勝手な推測ですが・・・。



子供が嫌いだと言いつつも、自分の子供に大きな愛情を持って、

子育てに奮闘するきみどりさんに感動すら覚えます



といっても、この作品に初めて出会ったのは随分前。

高校生のときかな・・・?(定かではない)

実家のお店に置いてあった雑誌に連載されていて、

あまりの面白さにはまってしまったんですよね。

どう考えても主婦向けの雑誌だったのですが、

その後実家から離れてもず~っと買い続け、単行本も買い続けです。

実際、妊娠・出産・子育てを経験してさらにはまりました。

学生時代のただ面白いだけで読んでいた時とは違い、もはや私にとって育児バイブル

リアルな子育ての悩みがそこにはあるんです。

そしてきみどりさんのテキトーなんだけど、的確なアドバイス!

サイン会に本気で行こうと思ったくらいです。

(結局行けませんでしたけど・・・)

旦那も好きで、サイン会本気で行こうとしてました



連載終了の時は本当にショックでした



妊娠されている方、子供が嫌いな方、子育て真っ最中の方、もちろんパパも!

お勧めですよ。ぜひご一読ください。

今は文庫も出ているみたいですね。




雪遊び

雪が降ってから2日経ちますが、まだ結構残ってます。

天気はなのに、雪があると洗濯物を外に干しても乾かない。

なもんで、今日の午前中は娘と庭の雪かきしました。

(旦那は半日休日出勤。お疲れ様で~す)



シャベルがないのでちりとりで雪かき

娘は洗剤用のスプーンで雪かき(←はなからやる気ないね、これ



なんだかんだ頑張っていたら庭の角に大人の腰くらいの高さの雪山が完成。

ちりとりでよくぞここまで・・・・と自画自賛していたら、ピーンと閃いた。

『滑り台つくれるぞこれー!』



そこからまたせっせとちりとりと砂遊び用スコップで製作。

階段付き、雪の滑り台が完成いたしました~

案の定娘に大好評。

そりがないのでちりとり(大活躍だなぁ~)に乗ってシュル~ン。

大爆笑する娘に大満足の母。



小さい頃は屋根から下ろした雪が結局屋根くらいの高さになって、

屋根から雪の滑り台をやったもんだったな~・・・

と懐かしい思い出がよみがえりました。

まさか関東で雪の滑り台ができるとは!

娘にとっては貴重な体験。



なのにデジカメがなぁ~い

旦那が会社に持ってっちゃったのでした・・・・

仕方ないので携帯で記念撮影したけど・・・超逆光なのよね・・・



明日まで残っていてくれ~雪滑り台よ~!!






楽しい1日

昨日は娘を旦那の実家に預かってもらって、

何年かぶりに大学時代の友人と会ってきました。



私がたいてい幹事役。(多分みんなと一番連絡取ってる人だから)

いつもなかなかみんなの予定を合わせるのが難しい上に、

ドタキャンが多かったりして・・・

でも今回は本当に奇跡的に予定がピッタリ合いました



それなのに、大雪・・・

なんだか結局何かがついてまわっているような・・・



電車の遅れも心配だったのですが、みんな無事新宿に到着。

男4人、女3人で昼間からお酒飲んできました~

ここ数年で結婚、出産、マイホーム購入、

独身組も今年中の結婚が決まり、話題もそんなところに集中。

三十路を手前にして、「大人になったなぁ~」と実感しました。



ま、でも話の内容が大人っぽくなっただけで、

話している本人たちの感覚はまさに大学時代のよう。

いろんな思い出が走馬灯のようにかけめぐり、

とっても楽しく有意義な時間が過ごせました



大学に在学中の費用を出してもらった両親には申し訳ないけど、

私が大学で得た大切なものは知識よりも人間関係。

いろんな地域の人と出会って、たくさん話して遊んで遊んで遊んで・・・

そんな4年間だったので、昨日会った友人たちはすごく大切

どんなに細々とでもいいから、つながりは断ちたくないなぁ。

だから、幹事、面倒でもやる気が起きます



ところで、大雪。関東の雪の恐ろしさを実感しました。

JRの某駅に車を止めて出かけたのですが、帰りはその駅の1コ手前の駅で足止め

故障と遅れで電車がいつくるかはっきりしない。

たった駅1つなのに歩ける距離でもなく・・・

悲しいかなタクシーで車のある駅まで行きました・・・

吹雪のような雪の中、タクシーもなかなか来ずにちょっと

いざタクシーに乗れて運転手さんに話を聞いたら、

「いつもは何十台も駅にいるはずなんだけど、今日は雪でみんな休んじゃって」

だってちょっとぉ~!稼ぎ時じゃないのぉ~!?



結局遅くなってしまって自宅に帰れず、旦那の実家にお泊まりでした








エターナル・サンシャイン

先日、旦那が休日に子供を連れ出してくれたので、

久しぶりにゆっくり映画(レンタルDVDですけど)を堪能。



『エターナル・サンシャイン』観ました。

ジム・キャリーとケイト・ウィンスレット主演のラブストーリー。



恋人だった彼女(ケイト)が彼氏(ジム)についての記憶を全て消してしまう。

で、彼はそのことにショックを受けて自分も彼女の記憶を消そうとする。

そんなお話。



彼が記憶を消そうと試みている間に、

彼女との思い出の中を彷徨うシーンが多いのですが、

複雑で難解・・・

観ているうちにだんたん「これはこういうこと!」ってわかる感じ。



流れている音楽とか映像の色合いとか、

すごく切なく感傷的で良かったです。



最初と最後がつながる感じだったので、

返却する前にもう一度じっくり観たいなぁ~と思っているところ。



主演のジム・キャリー。

コメディ出演が多いですが、結構素敵

『マスク』以外は出演作全部見てるかも~。

『エターナル~』にもコメディタッチな表情・しぐさは出てくるけど、

それ以上にシリアスなジム・キャリーいいっ

優しい表情がいいっ



ケイト・ウィンスレットは相変わらず体格いいですね。

髪の色がすんごく奇抜だったんです。この映画。

「染めたの!?痛んでるだろうなぁ~」

なんて余計なことばっかり考えちゃいました。



山ほど映画を観たい!

好きなんです。映画。

子供がいるとなかなかそうはいかないですね。

ゆ~っくり1人で1日に何本も映画を観る・・・・

思えば独身時代は(そういう面で)幸せだったなぁ~










娘の成長と親の葛藤

いつも一緒に遊んでくれるママ友達とその子供たち。

ただいま親しくさせてもらってるのは5ママと6チビ。

妊娠中からの付き合いの人と出産後からの付き合いの人。

かなり楽しく過ごさせてもらってます



今日は2週間ぶりに公園と公共施設室内で遊びました。

娘も久しぶりで嬉しさMAX

はりきって遊んでいました。



赤ちゃんのころから泣き虫な娘。

お友達におもちゃを奪われては泣き、押されて引っ張られて泣き・・・。

ママたちから「頑張れ!やり返せ!」と鼓舞される日々でした。



ところが、1歳半頃からおしゃべりができるようになり、

昨秋1ヶ月ほど保育園のお世話になってから激変。



おもちゃは隠し、奪われそうになると必死の形相でダッシュ、

「か~し~て~」の声に「ダメ!ダメ!」、

「順番だからね」との声にも「ダメ!順番じゃない!」、

あげくの果てには「○○ちゃんが おもちゃ とった」と告げ口。



娘にしてみれば今までの経験からいろいろと学び、

娘なりに頑張って成長しているのだろうと思うのだけど、

なにせその時の顔つきと口調といったら・・・

いじわる全開なわけですよ。

(ま、噛む・叩くがないだけましかしら・・・)



親としては優しい思いやりを学んで欲しい

譲り合いのできる子に育って欲しい



かといって、この世に産まれて来てまだ2年ちょっと。

オムツもとれてないちんちくりんなわけです。

わかれ!という方が無理がある。

せっかく育ってきた自己主張をつぶすようなこともしたくない。



そこで、叱りたい気持ちをぐっとこらえて、

お友達がどういう気持ちになるか話して、

「こうするんだよ」と見本を見せる私(顔は怖めで)。

わかったようなわかってないような顔でうなずいてから「ダメ!」と言う娘。



繰り返して繰り返して学習させるしかないとはいえ・・・

んも~脱力というか・・・こんのやるぉぉぉ~です。



子の成長の影には親の葛藤あり・・・。

と感じる毎日です。



最後に、この場を借りて。

みんな!いじわる娘に大変身でごめんね~










チビ(メス 7歳←多分)

前述した、娘から雪をたらふく食べさせられた犬。チビ。



我が家の犬はラブラドール(黒)が3頭。

(と、ミニチュアダックス(クリーム)が1匹)

母親と子が2頭という構成。

チビは子です。



昨年、耳の付け根に腫瘍ができて、大手術。

今は傷口もすっかり良くなりましたが、再発の可能性はあるとか・・・



産まれた時は10匹いる兄弟の中で一番体が小さかったチビ。

(だからチビ。安易~・・・・)

我が家の犬の中で一番神経質で臆病。

いつもビクビク人の(犬の)機嫌をうかがっている様子。

他の犬より常に一歩後ろに下がって待機。



そんなだから、さすがにストレスが多いのか、

皮膚が痒くてハゲたり・・・・



やっぱりストレスは病気の元だと実感しました。

大らかに生きることって大切ですね。

犬も人間も同じです。



顔はいちばんかわいいのよチビ。

頑張って長生きしてね












ただいま②

更新、滞っていたのでまとめてアップしま~す。



帰省中、後半は気温が上がって雪もだいぶ溶けました。

娘も積もっている雪には慣れたようで、

雪が降っていなければ外で楽しく遊べるようになりました。



洗剤用のスプーンで雪をすくっては犬に「はい、どうぞ」

我が家の犬は喜んでその雪を食べるので、またまた「はいどうぞ」

1人と1匹で楽しそうにおままごとしていました。




ただいま

15日、実家から自宅へ帰ってきました。

娘と2人で新幹線と電車を乗り継いで。

電車が大好きな娘は、ホームに新幹線が入ってくると、

驚きと感動(?)で思わずため息・・・。

祖父母とのお別れよりもとりあえず新幹線。

なんだかあっさりしたお別れになりました



帰宅前日の夜、弟と弟の婚約者も加わって、お別れ鍋パーティー。

腕を振るったのは父

数年前まで趣味で狩猟をしていたこともあって、

お得意の鴨鍋となりました。

猟をやめてしまったので、もう食べられないと思っていた父の鴨鍋。

ところが、ちゃーんと鴨肉は冷凍してあった!



味の方は、ちょっとあっさり薄味。

お久しぶりで腕が鈍ったのか・・・・!?

でも味は関係ないのです。父が作ったということが嬉しい。



小さい頃から母は仕事が忙しく、

父が食事を作ってくれることが多かった(ような気がする)我が家。

おふくろの味ならぬ、親父の味なんです。

きっと母より料理上手な父。

私の祖父の実家が戦前、東京・品川で食堂を営んでいて、

戦後、祖父は疎開先(現在の私の実家)でラーメン屋をしていたらしく・・・。

父は祖父から料理の腕前を引き継いだのでしょう。



なんて、私の勝手な思い込み。

さて、祖父からの料理上手な遺伝。

・・・どうやら私まで届かなかったような・・・・




アコ(メス 10才)

実家にいる動物は、犬4頭、猫1匹。



画像は、フクロウのような目つきですが、猫、です。

名前はアコ。こんな顔でも女の子



夏は毛量が少なくなって白っぽくなり、細身の猫らしい猫。

冬は毛が増量、黒っぽくなって、おデブちゃん。



冬にはタヌキか小型犬に間違えられ、

夏には「冬場にいた猫は死んだのか?」と言われるアコ



煮干が大好きで魚は嫌い。

うどんと海苔が好物。

甘党なのかアイスなんかもなめたくなっちゃう。

そんなアコ。



でも、ネズミだって捕まえちゃって、

ちゃんと猫してるんです。



長生きしてね






東京チョモランマ(第14回)

東京チョモランマ、更新日でした~



今回は先月恵比寿で行われた「東京並木」のイベントでの

公開収録分も公開されていました。

先約があって行けなかったので、

ちょっとだけ雰囲気味わえて嬉しかったわ



さて、テーマは「2006年やりたいこと」でした。

え~・・・没りました!ざ~んね~ん

ちょっと内容が堅かったのよね・・・。

次の更新で頑張るぞ~!



それにしても、次朗さん、秘書欲しいって!!!

なんだかちょっとクラッとくる発言だったわ。

募集してたけど、ホントに応募する方いるのかしら・・・?






漫画天国

実家はお店をやっています。

小さい頃からお店に置いてある漫画本を読みまくりでした。

少女漫画、少年漫画、青年漫画・・・

ジャンルを問わず、置いてあるものは読み尽くす感じでした。



完全にその影響で、今でも漫画が大好きです!



今回実家に帰省して読んだのは『20世紀少年』。

1巻~19巻まで一気に読みました。

だってものすごく面白い

「どうなっちゃうの!?」「これ誰なの!?」「なるほど!!」の連続!

浦沢直樹さんの作品です。

浦沢さんの作品でこれ以上ないくらいはまったのが『MONSTER』。

何度も何度も読み返したくなるんですよね。

今回の『20世紀~』もまさにそんな感じ。

お勧めですよ~



余談。

お店に置いてある本は、母が古本屋で手に入れてきます。

なぜかヤクザものや硬派な漫画が好きなようで、

少女漫画はほとんどなく、メインは青年漫画。

母の選んだ漫画本はだいたいハズレがないんです。(私にとって)

母の漫画選びのセンスに脱帽です






同窓会

昨日は中学校の同窓会がありました。

成人式で会った人もいますが、

全体での同窓会は卒業後初めてでした。



なんだか会場に到着してものすごく緊張しました

普段帰省すると会う友人の顔を見つけて一安心。

なんであんなに緊張したのか・・・。

みんなもなぜか緊張していたけど。

同窓会ってなんとも言えない空気が流れていますね・・・



ちっとも変わらない人、だいぶ変わった人、様々で

なかなか面白かったです。

男子(←この表現懐かしい!)はみんな髪があって良かった



顔はわかるけど、名前が出てこないとか・・・

高校は違う所に進学したと思いきや、高校も一緒だったとか・・・

いろいろ失礼な発言もしてきましたが、

久しぶりに地元の言葉で昔のノリで話ができて楽しかった



出席が3分の1くらい、先生も1人しか来てなかったのは

ちょっと残念だったけど、

次のクラス会の約束なんかをできたのは嬉しかったな



2次会で飲んだりんご酢焼酎は美味でした






感受性

帰省3日目です。

思った以上の降雪に驚く毎日。まさに極寒。



もっと驚いたのは、娘の雪に対する反応です。

帰省前から雪の存在は知っていて、

携帯電話のテレビ電話を使って実家から雪景色を見せてもらったり、

テレビで雪の降る様子をみたりするうちに、

雪の中で遊ぶことをものすごく楽しみにしていたんです。

「雪、降ってるかな~」なんてわくわくしていた娘。



帰省当日、高速道路のサービスエリアで積もっている雪に大喜び。

雪の上を走り回ったり、触ってみたり。

ところが!

次に休憩したサービスエリアで雪が降ってくると、

急に態度を変えました。

車から降りないと言って泣く娘・・・。

よくよく様子を観察してみると、原因がわかりました。

なんと、降っている雪が目に入りそうで怖いのです!

しきりに目を手で覆っていました。



実家に到着してみればもちろん雪だらけ。

娘は恐怖で大泣き。

家の中から外を見ている分には普通なのですが、

誰かが「外に行く」と言い出すと、

自分も連れて行かれるかと恐怖でおののいていました。



雪国に来て3日経った今、

それほど恐怖は表に出さないものの、

「買い物に行こう」「ご飯食べに行こう」などという、

自宅にいたときなら喜び勇んだお誘いにも「やだ」「だめ」「行かない」の三拍子。

すっかりインドア娘になっちまった・・・。

楽しみにしていた雪だるまも雪合戦もソリも・・・

ぜ~んぶ夢のまた夢。



仕方ない、子供は感受性豊かなもの。

お楽しみは来年の冬までとっておきます・・・。

・・・ということは・・・・

妊娠、出産、育児で3シーズン我慢してきたスキーも、

今シーズンまた行けないってことぉ~!?




帰省

明日から旦那と娘、義父と義母も一緒に実家へ帰省します

実家は北国なので、娘の防寒対策を考えるだけで準備が嫌になります。

だって荷物がわんさか!

特に今年は厳冬なので、実家の方も雪がいっぱい(予想)。

関東の気候に慣れきった娘の体、

約1週間の帰省に体調を崩してくれるな!と

念仏のように心で唱えてしまいます。



面倒くさがりな私としては準備がネックですが、

帰省するのは楽しいんです。

地元の友達に会ってたくさん話せるし、

両親に子供をみてもらったりしてちょっと気楽だったりするし

それにこの時期、実家の方では湿気が多くてお肌がつるつるになる!

関東で暮らしていると年中紫外線にさらされて、冬場は乾燥でシワシワ・・・

こりゃ~実家で潤してくるしかないです!



義父母もかなり楽しみにしている様子。

義父が正月明けに有給取れないと言っていたのに、

義母が説得して有給取らせたみたい・・・。

有給取ったら取ったで「ま、いっかー」でウキウキな義父・・・。

「無理させちゃったかしら・・・」と心配していた私は、

なんだか取り越し苦労だったみたい



娘は両祖父母が大好きなのでとっても楽しみにしている様子。

「これ持って行く」「こればあちゃんの」「これじいちゃんの」と、

自分の集めているガラクタをティッシュに包んで忙しそう。

今回の娘のメインイベントは、実家の父の座椅子でシーソーすること。

夏に帰省した時に遊んだことを思い出したようで・・・。

父の座椅子はこの冬寿命が尽きるかも・・・チーン






29歳です

20代最後の誕生日が終了しました。

1月4日で29歳になりました



一番最初に「おめでとう」と言ってくれたのは、

誕生日が同じ地元の友達でした。メールで。サンキュー



そして子供を通じて知り合った友達(ママ友達ですな)が

我が家に遊びに来る予定になっていました。

一応前日に「誕生日なんだ~」と知らせてはいたものの、

普段遊ぶ時と変わらない気分でみんなを待っていたのです。



みんなが我が家に来てみたら、

なんとお菓子やケーキを持ち寄ってくれて誕生パーティーっぽい

感動しました

ケーキの周りにイチゴを並べて、子供用のケーキもあって、

ロウソクも立てて、ハッピバースデー歌ってくれて、

ほんっとーに幸せで嬉しかったです

普段飲めないビール(発泡酒だったな)もなんだかおいしく感じました!



ママ友達は年上の方が多いのですが、

いつも気楽な感じでいろいろアドバイスもらって、

懐深いって感じがします。いつも感謝してまーす



さて。我が家の旦那さん。

仕事から帰ってきて私に言われるまで、

私の誕生日だと気づかなかった旦那さん。

来年は頼むよ

ま、プリンの蓋を開けてくれたからいいや。

ささやか過ぎるプレゼントだけど・・・・




素敵な人 その2

奥田民生さん、素敵です

ユニコーン時代からかれこれ16年・・・え 16年

ちょっと待って・・・私今何歳・・・

あ~、そんなに時が経ってるんだなぁ~。

私の青春時代の思い出にはかかせないお方です。



今でももちろんリリースされるCDやDVDは即購入。

ただ中高生の頃のはまりっぷりに比べるとまったりしてるもんです。

ご本人もだいぶまったりされてますけど・・・。



出産、育児で遠ざかっていたライブも、

昨年から気合を入れてチケット争奪戦に参加。

昨年の春のライブはチケットを手にして感動したものの、

ライブ前日に、娘を預かってくれるはずだった義父母が

近所の方のお葬式に行かねばならなくなり、

まさか子供連れで行くわけにもいかず・・・

泣く泣く諦めたもんだった・・・

あれはホンットがっくりきたもんだったなぁ・・・



今年ももうすぐツアーが始まるんです。

でもチケット争奪戦には敗れました・・・・

誰か私に民生さんの生歌聞かして

なんだかとことんライブに縁がなくなってきたよ~。

くやしくって、思わずユニコーン結成20周年記念のDVD BOXに

手が伸びそうになったけど・・・・

値段(19,800円)の文字に、予約するのをとどまりました。

ふぅ~ ちょっとよく考えてからにしよーっと






電車と石ころ

電車と石が好きなんです。

私じゃないです。旦那でもないです。娘が。



電車が好きだから、なんでも並べるのが好き。

小さな物から大きな物まで並べまくり。

大人にはわからない法則があるようで、

ちょっとでも口出し、手出ししようもんなら、激怒



散歩では石を見つけるたびに選別してポケットへ。

入りきらなくなると私のポケットへ。

石なんてそこらじゅうに転がってるので、

散歩も全然進みません

気をつけないと洗濯機が石だらけだったり・・・。

ポケットというポケットをチェックして洗濯しても、

なぜかどこからか石が出てくる娘の洋服。

ミステリー・・・



そんな娘の今日の作品。

玄関の下駄箱の上に知らないうちにできてたあやしい行列。

娘に聞いたら「(機関車)トーマス!」と自信満々。

そう、機関車トーマスも好きだった。

なにせ「ゆびきりげんまん♪」の歌は

『はりせんぼん のーます♪』『はりせんぼん トーマス♪』だもの。

機関車トーマスの歌だと思い込んでる・・・。




あけましておめでとうございます

新年明けまして2日目です

昨年末に急に思い立ってブログを立ち上げて、

まだまだ貧相な内容だけど、

ちょっとずつ地道に更新していこうかなと。

『継続は力なり』ってことで・・・。

何の『力』になるのかはさっぱりわかりませんが



年末年始は旦那の実家で過ごしました。

嫁なのに、まるで娘のようにの~んびり過ごさせてもらっちゃって。

旦那は今日が仕事始めだったので、昨夜自宅に戻ったのですが、

私と娘だけもう1泊してきちゃいました

あんまりにも居心地良くて~

お義父さん、お義母さん、義妹、私は幸せな嫁ですぅ~



年越しは恒例になりつつある旦那との初詣に向かう車の中で迎えました。

2006年最初のおみくじはなんと!『大吉

ひとっつも悪いこと書いてなかった

特に、学業・試験の欄には『自信を持て』と書いてありました。

かなり幸先良く、やる気の出る初詣になりました。

(去年からずっと勉強中なのです。詳しくはまた後日)



なかなか気分の良い年越しでした

ボビー・オロゴン勝ったしね



戌年ってことで、旦那の実家のハナコにモデルになってもらいました。




| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。